So-net無料ブログ作成
検索選択

Road To Fenway Park "Day 1" [Dead]

deadandco_email.jpg

Dead & Company を体感しに、
初の東海岸へ遠征してきました。
今日はチケットの確保から、ボストン到着までの情報です。

まず、今年の 2 月に、7月15日の VIP チケットを購入。
その後、16 日のチケットは、一般発売日に確保しました。
VIPは、CID が売り出していますが、REDSOX のオフィスから
郵便で1週間後ぐらいに到着しました。
一般発売のチケットは、予約後に Print Out をすれば終了です。

1.png2.png

Boston への直行便は現在、JAL のみなので、
JAL008、007 便を確保しました。
新しい機種で、2-4-2 の座席編成のためか、
前方は、広くなり(横も広くなっていたような・・)
2席の通路側ならエコノミーでも全く苦になりません。
TV 画面も大きく見やすいです。
ただし、映画作品は不満、食事も最近乗った飛行機会社の中では、
一番不味かったので、ほとんど食べませんでした。
通常は、往路 13 時間、復路 13 時間半らしいのですが、
今回、往路は、滑走路が混んでいて、
機内に入ってから飛び立つまで 50 分ぐらいかかり、
ボストンでも着陸が込んでいて、上空をグルグル旋廻して、
結局 15 時間ぐらい機内にいた感じです。
復路は On Time で出発、成田で緊急着陸機がいたため、
また、手前で旋廻して時間調整させられ、
やはり14時間ぐらいかかりました。

5.jpg

入国審査は、一旦手前の通路で、Others の列に並びますが、
そこから先は、規制入場のような形でしばらく待たされましたが、
セルフ入国の機器があり、そこはガラガラで、
あっという間に手続き終了でした。
セルフ機器で入国できる人は、
先に通してくれればよいのにと思うのです。
なお、帰路の JAL007 便 (13時30分) のチャックイン、
搭乗開始 3 時間前ですので、10 時 30 分からで、
セルフチェックインの機器は設置してありません。
また、JAL が使用しているEターミナルは、空いていました。
出国手続き後のロビーは広くはありません。

4.jpg
↑ ホテルの自室からの風景

Hotelは、Fenway Park に徒歩で行ける Sheraton を予約しました。
(エアーチケットは格安で、ホテルはかなり高額でした)
目の前はHilton、Newbury までもすぐ、
Boston 美術館へも徒歩 15 分かからないので、
バックベイ、Fen Way 地区を楽しみたい方には
良いホテルだと思います。

空港からタクシーで約 15 分、チップを入れて $25 程度で着きました。
( 空港から街へ向かう時は、トンネル代金が加算されたメーターと
走行メーターとふたつありました)
ホテル内も綺麗で、特にフラストレーションは感じませんでした。
ただし、タバコを吸いに 29 階からロビーに降りるのは、かったるい。
(ちなみに、街中は、みんな歩きタバコでした。
州の罰則があるかどうかは未確認ですので、
自己責任でお願いします)


6.jpg
↑ ホテルの玄関で"Truckin"を見つけてニンマリ。Liveでも演奏したので、シンクロしました。

ホテルの斜め前にある、Summer Shack は、
ロブスター、クラブ、オイスターなどを食べられる店で、
味は、かなり優れていました。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

ASA

おかえりなさい!
珍しい東海岸の旅日記、楽しみにお待ちしておりましたぁ〜!
寝れればOKですが、ロングフライトがこたえる歳になりました … (笑)
by ASA (2016-07-23 16:10) 

bruce

つたない文章ですが、楽しみに待っていてくれる人がいるなんて、
本当に嬉しいことだし、ありがたいです。
thank you。

by bruce (2016-07-24 09:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る