So-net無料ブログ作成
検索選択

Captain America: Civil War [Movie]



CA.jpg
Captain America: Civil War
Directors: Anthony Russo, Joe Russo
Writers: Christopher Markus , Stephen McFeely
Stars: Chris Evans, Robert Downey Jr., Scarlett Johansson
Runtime: 148 min
★★★★★★☆☆☆☆


GW ということもあって、
お客さんの入りも良かったけど、
Captain America の1作目が公開された時と比べて、
こんなに多くの Fan がいるのかと意外でした。

Ca1.jpg
邦画の戦隊モノによくこういう写真が使われていませんか。

内容は、日本の戦隊モノですか? という印象。
スパイダーマン、アントマンの登場理由なんて、
物語とは、何のつながりもない設定で、
これも如何なものかと思ってしまいます。

Ca2.jpg

テーマは、Batman VS Superman と一緒。
何のひねりもなく、148 分の上映時間は退屈でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bob Dylan Japan Tour 2016 [Live]


BobDylan-w690.jpg
Bob Dylan
Date: 2016/04/28
Venue: Pacifico Yokohama
★★★★★★☆☆☆☆


5 月で 75 歳を迎える Bob Dylan。
2 年ぶりの Japan Tour は、
久しぶりに Hall Tour となりました。

またまた 4 月のほとんどを日本で過ごした Dyan。
よほど日本は居心地が良いのでしょう。

地元 Yokohama が今回の最終公演で、
次の日が休み、Dylan を観ておいて欲しい方が
いたこともあって、Show に参加しました。

First Set は、
19 時ジャストにスタート、19 時 47 分まで。
Second Set は、
20 時 15 分過ぎに登場し、21 時 10 分くらいまで。
何も、インターミッションを入れる必要はないかと思いますが、
歳のことを考えると必要なのかな。

2 年前の 04/09 に Zepp Divercity で観た
Show と大きく変わることはなく、同じ構成で、
照明も、あの薄暗い Lighting でした。
( 前回よりも違和感はなくなりました )

そして、今回の Tour は、曲目、曲順は変わらず、
固定された Set List だったようです。

FA.jpg

演目は、昨年リリースされた Shadow In The Night と
これからリリースされる Fallen Angles からの曲に、
2 年前の Show から生き残った曲での構成。
この 2 枚のアルバムからの曲は、
歌い方を崩さず、丁寧に歌っている印象がありました。
声は、前回よりも良い感じに出ていたという印象です。

現在進行形の Show で、
過去の曲に頼る必要がないことは、
重々承知していますし、
これが Dyaln の流儀だから仕方ありませんが、
やはり、Tangled Up In Blue、
Blowin’ In The Wind だけでは消化不良です。

帰宅してからは、その消化不良を補うために、
昔のライブ音源を聴きました。

BD.jpg

Set 1
Things Have Changed
She Belongs To Me
Beyond Here Lies Nothin’
What’ll I Do
Duquesne Whistle
Melancholy Mood
Pay In Blood
I’m a Fool to Want You
That Old Black Magic
Tangled Up In Blue

Set 2
High Water (For Charley Patton)
Why Try To Change Me Now
Early Roman Kings
The Night We Called it a Day
Spirit On The Water
Scarlet Town
All Or Nothing At All
Long And Wasted Years
Autumn Leaves

Encore
Blowin’ In The Wind
Love Sick


番外編
私の耳は、♪Scarlet Town が
「疲れた」と聴こえる空耳状態です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

David Gilmour / 2016/04/10 Set List [Music]


DG.jpg
David Gilmour
Venue: Radio City Music Hall New York, NY
Date: 2016/04/10

4月10日の音源を聴く機会がありましたので、
その感想を少し書いておこうと思います。

Floyd の曲は、いつもどおり安定的していました。
Fat Old Sun、Sorrow あたりの演奏は嬉しいところですが、
新曲も Play してくれており中々良いShowだと思います。

Lighting が素晴らしいとうわさの Solo Tour ですので、
生で Show を観られたら言うことありませんが、
少なくとも映像化をして欲しいところです。


Set 1:
01. 5 A.M.
02. Rattle That Lock
03. Faces of Stone
04. Wish You Were Here
05. What Do You Want From Me
06. A Boat Lies Waiting
07. The Blue
08. Money
09. Us and Them
10. In Any Tongue
11. High Hopes

Set 2:
12. Astronomy Domine
13. Shine On You Crazy Diamond (Parts I-V)
14. Fat Old Sun
15. Coming Back to Life
16. On an Island
17. Today
18. Sorrow
19. Run Like Hell

20. Encore Break
21. Time > Breathe (Reprise)
22. Comfortably Numb


番外編
先日、Gilmour は、Comfortably Numb に
Purple Rain を挿入して演奏したそうです。

最近、Springsteen も Bobby も
Purple Rain を演奏しています。

私は、Prince には興味かないので、
1 枚も CD を持っていないので、
Phish の "1999" と "Purple Rain" を聴きました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

The 5th Wave [Movie]



f1.jpg

The 5th Wave
Director: J Blakeson
Writers: Susannah Grant, Akiva Goldsman
Stars: Chloë Grace Moretz, Matthew Zuk, Gabriela Lopez
Runtime: 112min
★★★★★☆☆☆☆☆


Chloë Grace はどうしても、
Kick Ass の印象が強すぎて、
本作のお姉さん役を観てもしっくりとこない。

f2.jpg

物語も、4つの波は、回顧録的な表現で淡々と描き、
タイトル通り5つ目の波に仕掛けがあるというもので、
勘の良い人であれば、あるシーンから、
その謎や仕掛けの大筋が想像できてしまうと思います。

f3.jpg

盛り上がりにもかけ、劇場に出かけて、
わざわざ大スクリーンで観ることもないでしょう。

続編を作れるだろうけど、
米国でもスマッシュヒット程度なので、
続編はないでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

The Revenant [Movie]

r1.jpg
The Revenant
Director: Alejandro G. Iñárritu
Writers: Mark L. Smith , Alejandro G. Iñárritu
Stars: Leonardo DiCaprio, Tom Hardy, Will Poulter
Runtime: 157min
★★★★★★★☆☆☆


本作も今年のアカデミー賞で
Leonardo DiCaprio が初の主演男優賞
Alejandro G. Iñárritu は、昨年のバードマンに続き監督賞。
ルベツキは 3 年連続で撮影賞に輝いた。

映像は暗いシーンと大自然の風景、
出演者の過酷な表情を巧みに撮影しており、
賞を受賞して当然という職人技でした。
特に、熊との格闘シーンは素晴らしい。

r2.jpg

Leonardo DiCaprio の演技は、
皆さんの目でお確かめください。

厳しい大自然の中、
種族との戦い、生と死の戦いは、
辛く厳しい長い戦いでしたが、
観客も 2 時間 37 分という長い上映時間
との戦いが待っています。
監督としては、この長さが必要だったのでしょう。

r3.jpg

実話に基づくマイケル・パンクの小説
を原作とした作品となっています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

本日の空輸便 / Jerry  [Dead]

IMG_0411.jpg

これを着て、応援しようと思っています。

teespring というメーカーが作っていますが、
とても丁寧なメーカーでした。

ブツを発注して、オーダーメイルが届く。
次に、あなたのオーダーをプリント中ですというメール。
完成したので Shipするというメールが届きました。

生地は Cotton 100%
着心地も柔らかい感触が気持ち良いです。
NBA 商品としても認められている
ステッカーも貼ってありました。
$25 でした。

番外編
Bill Waltonの自伝にGrateful Dead

元 NBA Player ビル・ウォルトンが
自伝を発表しましたが、その内容は、
ウォルトンが 850 回以上もライブを観た
Grateful Dead のことばかりが書かれているらしい。
ちなみに彼の息子は、
ゴールデン・ステート・ウォリアーズのコーチ
であるルーク・ウォルトンで、
彼も Dead Head だということ。
素晴らしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Santana IV [Music]



img911.jpg
Santana
Title: IV
Mixed: Carlos Santana & Jim Reitzel
Studios: Trappin Studios,SanRafael, Mix Houes.Las Vegas,NV
AlbumArtwork: Heather Griffin-Vine
★★★★★★★☆☆☆

Santana 1 〜 3 のオリジナルメンバーが、
ほぼ終結して制作された Santana IV。
全 16 曲、74 分のヴォリュームに脱帽です。

内容は、どこをどう切っても Santana Sound。
しかし、昔と違う印象を受けるのは、
確かに本作でも、Santana 特有の
Latin Percussion は際立っているのですが、
Latin と表現するよりも、African という印象です。

Vocal も近年の若手アーティスト達との
コラボから学んだ Rap 調な歌い方を
しているところが、気にはなりますが、
それが進化というものだと理解します。

img912.jpg

4 曲目、どこか Grateful Dead の Dark Star 的な
インプロビゼーションを思い起こされる演奏に
にんまりもしました。
クレジットを見たらスタジオのひとつに、
Trappin Studios,SanRafael,CA とあったので、
この曲はきっとここで録音されたのではないかと
勝手に想像して、嬉しくなったりしています。
(ここ数年は、Vegas の House Of Blues で
長期公演を行なっているので、
Las Vegas のスタジオでの録音も理解できます )

9 曲目のスローで官能的な曲は、
Billy Joel の Stranger が歌えそうでした(笑)。

Neal Schon のギターソロも、
すぐに彼だとわかりますが、
どうせなら、ツインリードを活かした曲で、
二人のギターアンサンブルや闘いを
聴かせてもらいたかった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Graham Nash / This Path Tonight [Music]


img909.jpg
Graham Nash
Title: This Path Tonight
Produce: Shane Fontayne
Recorded: The Village, Los Angeles,CA
Photography: Amy Grantham
★★★★★★☆☆☆☆


何年ぶりのソロアルバムなのだろう。
1,2 作目は、よく聴いていましたので、
Graham の新作がリリースされるのか、
聴いてみようかなぐらいの気持ちでポチしました。

奇をてらう趣向など一切ありません。
アルバム全体を通じて、これまでの Graham と
なんら変わっているところはありませんので、
その点では安心して聴けました。

img910.jpg

Jackson の The Crow On The Cradle
のような雰囲気の 3 曲目をはじめとして、
( No Nukes では、Grahamと、この曲を
演奏していたような記憶があります )
全体的に、L.A. で録音しているのに、
まったく L.A. の陽光を感じられません。
( ジャケットを見た瞬間から、
明るいアルバムを想像していませんでしたが。 )

もう少し早く、寒い時期にリリースしてくれれば、
アルバムの雰囲気と合って良かったのにと思うので、
今年の秋から冬にかけて、聴き直したいと思います。

また、こういう作品は、
歌詞の内容を理解してこそ、
翻訳が欲しいところです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Willie Nelson 420 Club [Music]


IMG_3419.jpg

今月 29 日で、83 歳を迎える Willie Nelson。

IMG_3420.jpg

Family Band も 45 周年を迎え、
Tour に出ても、ホテルに泊まるより、
自分の Tour Bus で寝泊りすることを好み、
Roll Me Up Smoke などという歌を歌い、
420 ( 420の意味、由来は、諸説あるので、
ここでは触れません )を祝う Willie Nelson。

IMG_3421.jpg

そんな 420 Club の Tee を購入してみました。
どれも$19.99 でした。


番外編
Warriors が年間 73 勝 9 敗という
とてつもない記録を達成したことに、
拍手を送りたいと思います。
そして、2 連覇へ突き進む。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Spotlight [Movie]


SP1.jpg
Spotlight
Director: Tom McCarthy
Writers: Josh Singer, Tom McCarthy
Stars: Mark Ruffalo, Michael Keaton, Rachel McAdams
Runtime: 128min
★★★★★★★★☆☆


第 88 回アカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞した作品。
Michael Keaton は 2 年連続、
アカデミー作品賞に出演したことになりますが、
昨年のバードマンより、
本作の方が断然に良い作品だと私は思います。

報道は、どこまでが真実なのか。
記者は、時に、世論を煽るために、
面白おかしく、大げさに書くこともあるので
難しい問題だと思います。

SP2.jpg

今回の場合は、労力と時間をかけ、
正義のために周到な取材を繰り返しているように
見えたので、真実に近い報道だったのだと思います。

世の中に一石は投じられたと思いますが、
この事案は、本当になくなったのでしょうか。
少なからず、同じことが繰り返されているような気がします。
その辺まで取材して、作品に入れてもらえたら、
よかったなと思うのです。

Sp3.jpg

Rod の Spotlight を聴きながら帰宅しました。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る