So-net無料ブログ作成
検索選択

Dear Jerry / Celebrating The Music Of Jerry Garcia [Dead]



img20161029.jpg
Title: Dear Jerry / Celebrating The Music Of Jerry Garcia
Date: 2015/05/14
Venue: Merriweather Post Pavilion,Collumbia,MD
Producer: Keith Wortman
Music Director: Don Was
Source: 2CD, 1Blu-ray
Runtime: 154 mins
★★★★★★★★☆☆


本作も Music Director は、Don Was です。

Phil Lesh からスタート。
コーラスが綺麗で心地良い演奏でした。
Sugaree は、まったり系の演奏が好きですが、
Jorma の Sugaree は攻めの演奏、
これはこれで良いかな。

Trampled By Turtles、Yonder Mountain
あたりの Blue Glass の演奏に、
聴衆は、みんな楽しそうな笑顔を浮かべていました。
私より年配の方達が、楽しそうにフェアリーダンスなどを
踊っている光景を観ると、こちらまで何だか、ほんわかできます。

img20161029_0001.jpg

Eric Church の登場は意外な感じでした。
WSP の Morning Dew は言うまでもなく素敵な演奏です。

All Star Band として、Don Was、Buddy Miller、
Sam Bush という面子なので、文句のつけようもありません。
ただし、Larry Cambell がいないのが残念でした。

余談ですが、そういえば、WSP の Domingo は、
Dr.John のS how でも着ていた色違いの Tee を着ていた。

どれも聴きやすい演奏なので、
Dead の音楽を聴いたことのない方にはおすすめです。



Santana Ⅳ / Live At The House Of Blues Las Vegas [Music]



img20161026.jpg
Santana Ⅳ
Title: Live At The House Of Blues Las Vegas
Venue: The House Of Blues Las Vegas
Date: 2016/03/21
Directed: Brad Fuss
Photography: Erik Kabik
Cover Art: Richerd Neldon, Heather griffin
Runtime: 134 mins
Soure: 2CD,1Blue-ray
★★★★★★★★★☆


“Santana Ⅳ”のメンバーでの
この Show は、素晴らし過ぎます。
これだけの凄まじい Groove を
House Of Bluesという小さい箱で感じ、
このレベルの演奏を聴けた聴衆は、
さぞや大満足だったでしょう。
今すぐにでも、このメンバーで来日して欲しいけど無理ですね。

img20161026_0001.jpg

Set Listも Ⅳ を中心に、
Ⅳ の曲は、Live でさらに面白みを増しているし、
若手アーティスト達と演奏していた曲は取り上げず、
その他の曲も Santana の代表曲のオンパレード。
Joyful, Powerful, Natural な音楽を
ぜひ、堪能してください。

Encore では、Ronald Isley も参加です。
そして、”Freedom In Your Mind”の前の MC では、
Santana から”Grateful Dead”という言葉を聞くことができます。

Fillmore East をやってくれなかったので、
★ は満点より一つマイナスです。


Inferno ( IMAX 2D ) [Movie]


N1.jpg
Inferno
Director: Ron Howard
Writers: Dan Brown (based on the novel by), David Koepp (screenplay)
Stars: Tom Hanks, Felicity Jones, Irrfan Khan
Runtime: 121mins
★★★★★★☆☆☆☆


Dan Brown の原作を読んでから、
かなりの年数が経っていたので、
映画を観ながら内容を思い出して行きました。

N2.jpg

最近の Tom Hanks 主演作品は、
ほとんど実話であったので、
久しぶりに架空の世界での演技でしたが、
少し太り過ぎだし、演技も彼のレベルからすると
普通の演技だと思います。

N3.jpg

原作を知らないで観られる方は、過去の2作品よりは、
断然に理解しやすい内容なので、観やすいと思いますし、
ロケ先の風景も美しいので、
旅行をした気分に浸れるかもしれません。



Dr. John / The Musical Mojo Of Dr.John [Music]



img20161026_0002.jpg
Dr. John
Title: The Musical Mojo Of Dr.John Celebrating Mac And His Music
Venue: Saenger Theatre,New Orleans,LA
Musical Director: Don Was
Video Director: Justin Kreutzmann
Photography: Garrett Morlman
Runtime: 105mins
Soure: 2CD,1DVD,1Blue-ray
★★★★★★★☆☆☆


この手の企画ものは、
必ずといってよいほど、
Don Was が絡んでいます。
Drum にも Kenny Aronoff が起用されることが多く、
本作にも登場し、相変わらずバワフルで、
巧いドラムを聴かせてくれます。
また、映像も Bill の息子 Justin Kreutzmann
が担当する作品が増えてきています。

img20161026_0003.jpg

Opening の Bruceは、貫禄の演奏です。
Dave Malone の Goodnight Irene はアレンジが良かった。
WSP は、この会場での演奏ではなく、
彼らの Show を録画したものが使用されていました。

本作は、Dr. John の歌を通して、
思う存分に New Orleans Sound を
楽しく満喫できる Showでした。





George Strait / The Cowboy Rides Away [Music]




img20161026.jpg
George Strait
Title: The Cowboy Rides Away
Venue: AT&T Stadium
Date: 2014/06/07
Produce: Danny O'Bryen
Source: DVD
★★★★★★★★☆☆


Live 活動のみとした George Strait、
2014 年の Show になります。

Dallas Cowboys の本拠地 AT&T Stadium
を超満員にできる George Strait の人気は
半端ではないと思いますが、
この Show を観れば、それも納得です。

とにかく、声質が Country Music
にぴったりなのだと思います。
少し甘く、低音が心地よく響く声は、
安心できるというか、
聴く者の心をホッとさせてくれるのです。

これがアメリカ人の好きな Country Music なのだと思います。

ゲストも豪華で、約 2 時間 45 分の
Show は見応え十分でした。



iMac [Life]


IMG_6455.JPG

たまには、日常生活のことを書いておきましょう。
iMac 2009 Early を購入し、
ここ数年ずっとiMac の買換えを検討していましたが、
先に iBook Air を購入してしまったり、
海外旅行ばかり行っていたので後回しになっていました。

しかし、最近、動きが悪過ぎたのと、
macOS Sierra をインストール出来ない
古さになってしまったので、
やっと重たい腰を上げて 7 年ぶりに購入しました。

IMG_6462.JPG
↑ 1回しか使わないのに、高すぎる。

ブツは、夜になってようやく到着だったので、
移行作業は、今朝 5 時からスタート。
移行するのも、古くなり過ぎてしまったために、
Fire Wire と Thunder Bolt の 2 種類が必要となり、
それだけでも大出費でした。
( もちろん、他の手法もありますが )
それでも、データ移行は順調に 90 分程度で終了。

プリンターは、先日、
「そろそろインクパッドが一杯になる」
というメッセージが出たため、
プリンターも同時購入しました。

IMG_6461.JPG

Mac のセットアップが終了してから、
こちらも接続作業でしたが、
Book Air、iPad、iPhone にも繋げるので、
そこそこの時間がかかり、とりあえず、
一通りの作業が終了したのは、
作業開始から 6 時間後の 11 時でした。

これで、イライラも解消されます。
今も、この文章をシャキシャキ打っています。
とても気持ちが良いです、スッキリしました。




番外編
IMG_6453.JPGIMG_6454.JPG
最近は、魚ばかり食べています。
先週の夕食は、お寿司屋さん 4 回でした。
昨夜のカツオと生クジラは抜群に美味しかった。










Star Trek Beyond / IMX 3D [Movie]

ST1.jpg
Star Trek Beyond
Director: Justin Lin
Writers: Simon Pegg, Doug Jung
Stars: Chris Pine, Zachary Quinto, Karl Urban
Runtime: 123mins
★★★★★★★★☆☆


J.J.エイブラムス監督の手により
リブートした新シリーズの 3 作目。

本国では、前 2 作までの興行成績には
及ばなかったとようですが、私は、
本作も楽しめました。

ST4.jpg

映像の迫力は、Star Wars を凌いでいるし、
戦闘シーンも、私は、こちらのシーズの方が好みです。

J.J. が手を引いたら、
このシリーズもどうなるかわかりませんか、
それまでは、次作を楽しみに待ちたいと思います。

ST2.jpg

それと、今回初めて、私が通う劇場の
IMAX の特別席を予約したのですが、
プラス千円の価値は、全くありませんでした。
椅子がリクライニングするわけではないし、
座り心地が良いわけでもありません。
左側に上下段の棚があるのでが、逆にこれが邪魔だし、
左側の腕をのせる場所がないのでした。
もう、この席には座らないと誓ったのでした(笑)。



John Scofield / Country For Old Man [Music]



img066.jpg
John Scofield
Title: Country For Old Man
Produce: John Scofield
Recorded: Carriage House,CT
Date: 2016/04/03-04
Photography: Nichols Suttle
★★★★★★☆☆☆☆


Jazz ポックなくて、私は聴きやすかった。
かといって、Country Music ではなく、
Country Music をフュージョンで
演奏といったところで、
琴線に強く響く演奏ではありませんが、
全体的に心地良く聴けるアルバムでした。

Dolly Parton の Jolene の
アレンジが気に入りました。

img067.jpg

そして、この作品には関係ないことですが、
ライナーノートの文字が大きくて感激です。
小さい字が読めなくなった私には、
とてもありがたいことです。
これぐらいの大きさでクレジットしてくれれば、
問題ないのだとわかったことが、大きな収穫でした(笑)。
アーティストの皆さん、よろしくお願いします。



Phish Fall Tour 10/18/16 [Phish]



ph161018_01.jpg
Phish
Date: 2016/10/18
Venue: Ascend Amphitheater, Nashville, TN


SET ONE
Chalk Dust Torture (6:29)
Blaze On (6:46)
Ghost (8:46)
Lawn Boy (3:37)
Halley's Comet (5:39)
Sand (9:36)
Tide Turns (5:43)
46 Days (6:39)
Breath And Burning (5:01)
Limb By Limb (7:00)
Cavern (4:26)
2001 (8:06)

SET TWO
Julius (6:19)
Fuego (8:48)
My Friend, My Friend (8:20)
Samson and Delilah (6:45)
Twist (15:48)
Miss You (8:38)
West L.A. Fadeaway (7:39)*
Playin' in the Band (12:53)*
Encore
Quinn the Eskimo (5:22)*
* with Bob Weir


Bob Weir が Phish と演奏したのは、
2000/10/06 Shoreline で、
El Paso, West L.A. Fadeaway
を演奏して以来かな。
音源を聴くのが楽しみです。

Quinn The Eskimo は、
Dylan を祝しての演奏かな。



Billy Bragg & Joe Henry / Shine A light [Music]



img064.jpg
Billy Bragg & Joe Henry
Title: Shine A Light
Produce: Joe Henry
Recoded: On Board The Texas Eagle 421 Service,Upon Platforms...
Date: 14-18 March 2016
Photography: Ray Foley & Mark Lindsay
★★★★★★★☆☆☆


この二人のアルバムならハズレはないなと思い購入。
なんと、本作は、Chicago から Los Angels まで
2,728 Miles の列車の旅を通して
録音したアルバムでした。

したがって、二人のアコースティック演奏以外にも
周囲の音なども録音されていて、
こちらも旅をしているような気持ちになります。

img065.jpg

なんとも、リラックスした雰囲気に
こちらも心をダラリとして聴ける素敵な作品です。

こういう企画をよく考えるよな。
二人は、鉄ちゃんなのかな(笑)。
この列車に乗り合わせて、
二人の演奏をずっと聴いていたいと思うのです。



メッセージを送る