So-net無料ブログ作成

Road To Riviera Maya Phish 2017 Part 5 [Phish]

今年の参考賞は、

Toot Bag
IMG_7268.JPG
色は、この他に黒と緑色は確認しました。
Check In する時にね勝手に渡されるので、
色はチョイスできませんでした。


Frisbee
IMG_7250.JPG
この他、白色は確認しました。
今更、このプレゼントもねーという感じ。


Sox
IMG_7254.JPG
誰が履くのかな、私は絶対に履きません。


Bottle
IMG_7251.JPG
この他に紫色は確認しました。


結論
これだったら、T-Shirt 2 枚くれた方が良いと思うし、
小さい Poster だって良いと思うのです。
アンケートのメールが来たので、この辺と、
昨年に比べフレストレーションがあったので、
ホテル、接客には不合格点をつけさせてもらいました(笑)。



Snowden [Movie]


S1.jpg
Snowden
Director: Oliver Stone
Writers: Kieran Fitzgerald , Oliver Stone
Stars: Joseph Gordon-Levitt, Shailene Woodley, Melissa Leo
Runtime: 135mins
★★★★★★★★☆☆

オリバー・ストーンが好きそうな題材。
アメリカ政府による個人情報監視の実態を
暴いた元 CIA 職員エドワード・スノーデン
の実話を映像化した作品です。

彼の勇気ある行動を私は評価します。
自分の人生を棒に振ってまで、
巨大な権力を持つアメリカそのものに挑んだのですから。

S2.jpg

現在でも、本件については裁判などで、
色々と動きがあるようだし、
今年は大統領も交代したので、
また時代に逆行していかないか不安です。

今のデジタルな世の中、
個人情報などあってないようなものだと思います。
自分で身を守るには、デジタルな世界から
自分を遮断するしかないのかもしれません。




Doctor Strange (IMAX 3D) [Movie]

DS.jpg
Doctor Strange
Director: Scott Derrickson
Writers: Jon Spaihts, Scott Derrickson
Stars: Benedict Cumberbatch, Chiwetel Ejiofor, Rachel McAdams
Runtime: 115mins
★★★★★★★☆☆☆

マーベル・シネマティック・ユニバースに連なる作品。
本作では、人間が持つ精神力や思考力、
人としての生き方からパワーを得て、
その力を世の中のために発揮させようとする
精神論的ヒーローを誕生させ、
その世界感を最新の CG 技術で描き出しています。

Ds3.jpg

かなりぶっ飛んだ映像に、
私の脳は刺激を受けましたが、
3D で観ていると、少し目が回る。
(かなりお酒を飲んで観たこともあるかもしれませんが)

小さいお子さんには、少し難しい物語なので、
製作者側も、対象者の年齢層は、
少し高めの観衆を意識していると思います。

DS2.jpg

そして、最後は、そうなんです。
マーベル映画の基本ですが、
エンドロール、2 発おまけがありますので、
最後まで着席していてください。





Miss Peregrine's Home For Peculiar Children [Movie]



MP.jpg
Miss Peregrine's Home For Peculiar Children
Director: Tim Burton
Writers: Ransom Riggs , Jane Goldman
Stars: Eva Green, Asa Butterfield, Samuel L. Jackson
Runtime: 127mins
★★★★★★★☆☆☆

原作は、ランサム・リグズの「ハヤブサが守る家」。
私は好きです、この作品。
実に、ティム・バートンの世界でした。

MP2.jpg

いろいろな事実が明かされていき、
気持ち悪いけど、それぞれのキャラに愛着がわいてくる。
この強烈なキャラをきもかわいく表現できるのはティムだからこそ。
皆さんも、この不思議な世界を覗いてみてはいかがですか。


Road To Riviera Maya Phish 2017 Part 4 [Phish]


036_170114_phish_mexico_photo_rene_huemer__MG_6598.jpg
Phish
Date: 2017/01/15
Venue: Balxeo Maya Beach,Riviera Maya Quintana Roo,Mexico
Showtime: 3 h
★★★★★★★★★☆


もう最終日3日目の Show。

会場に向かわず、夕方からスポーツバーで
Packers VS Cowboys を観戦していたら18 時過ぎにスコール。
この試合がなかったら、会場でブラブラしてようと
雨が降った時間には外に出ており、
びしょ濡れになってしまったことでしょう。

今日は 20時 05 分頃スタート。
なんと、Stevie Wonder の Boogie On Reggae Woman。
SCI の演奏は、Liveで聴いたことがありましたが、
Phish の演奏を Liveで聴いたのは、この日が初めて。

013_170114_phish_mexico_photo_rene_huemer__S1A9975.jpg

Fullhead からスタートした Second Set は、
David Bowie までノンストップの 60 分演奏。
これは素晴らしかった。
久しぶりに Jam に酔いしれた時間でした。

この日に初めて聴けたのは、
Northing,Straling Time From The Faulty Plant
Boogie On Reggae Woman, Sneakin Sally Thru The Alley
3 日間の Show の最後は Tweezer Reprise でした。


ph170115_01.jpg
Set List

SET ONE
Boogie On Reggae Woman (6:17)
Simple (6:05)
Tweezer (12:10)
Roggae (10:20)
Nothing (5:17)
Ghost (12:56)
Ya Mar (7:11)
Stealing Time From the Faulty Plan (5:12)
Rift (6:02)
Fluffhead (17:05)

SET TWO
Down with Disease (13:21)
No Men In No Man's Land (7:51)
Sneakin' Sally thru the Alley (9:26)
Possum (9:33)
Carini (9:36)
David Bowie (12:49)
Harry Hood (13:25)

ENCORE
Slave to the Traffic Light (10:53)
Tweezer Reprise (3:44)


番外編 1
4 月下旬に申込をして、飛行機の手配などを経て
早 8 箇月が経ち、今年もすべてが終了してしまいました。
帰りの便も、カンクン>ヒューストンがありますが、
乗り継ぎが 50 分しかないので諦めていますが、
この便にもう少し余裕があれば、
本当に楽なのですが。
果たして来年はあるのかな。
別の Band も観てみたいけど・・・。

番外編 2
そうそう、皆さんはご存知だと思いますが、私は勘違いしていました。
昨年、夏にボストンから帰国し、ポスポートを更新しました。
ESTA は申請したばかりであと1年あったので、
今回、そのままでよいと思っていました。
しかし、Passport を更新したら、
ESTA も新たに申請しなくてはいけなかった。
Passport Noで ESTA を申請しているのだから、
よくよく考えれば当然のことですが、
行く前に気付いてよかったという話しです。
私みたいな早とちりの方には、
お役に立つ情報かもしれませんので(笑)



The Magnificent Seven [Movie]



M1.jpg
The Magnificent Seven
Director: Antoine Fuqua
Writers: Akira Kurosawa Shinobu Hashimoto
Stars: Denzel Washington, Chris Pratt, Ethan Hawke
Runtime: 133mins
★★★★★★☆☆☆☆

荒野の七人のリブート作品。
七人全員が善人とはいえないが、
自分の戦いでない戦いに参戦し、
それぞれの立場で仁義を貫き、
人としての生き様を示すテーマは、
昔も今も変わらず普遍的である。

M2.jpg

人はなんのために、誰のために生きているのか。
この作品を観ると、どうしてもそんなことを考えてしまいます。



Road To Phish Riviera Maya Part 3 [Phish]

IMG_7257.JPG
Phish
Date: 2017/01/14
Venue: Balxeo Maya Beach,Riviera Maya Quintana Roo,Mexico
Showtime: 3 h 2 mins
★★★★★★★★☆☆

19 時 55 分、The Curtain With でスタート。
本日も、昨日同様に風が強かった。
( 結局 3 日間も、風は強かったので、Show の間、
ずっと踊っていれば、寒くありませんが、寒がりの女性は、
Hoodie を持参することをお薦めします。)

この日、初めて聴けた曲は、新作からの
Breath And Burning,Waking Up Dead。
それに The Line,Mercury の 4 曲でした。
特に Mercury を聴けたことは収穫でした。
この曲は、2015/07/22
( 誤りを教えていただきましたので修正しました )
に Debut した曲です。
The Line は今回 Live で聴いて好きになりました。

037_170114_phish_mexico_photo_rene_huemer__MG_6638.jpg

Meatstick の日本語のパートを
大声で歌っていたら周囲のアメリカ人が
寄ってきて大合唱でした。

一方で、昨年この場所で Play した曲も
昨日からかなり Play しています。
この辺は、もう少し気配りして欲しいなと思う。
特に Mike が歌う夏を感じさせる曲、
Yarmouth Road、Halfway To The Moon
Ya Mar あたりは、2 年連続で Play しなくても、
いいんじゃないかな。

昨夜よりグルーブ感があり、良い演奏だったと思います。
3 時 間 2 分の Show でした。

ph170114_01.jpg


Set List

SET ONE
The Curtain With (14:56)
AC/DC Bag (6:47)
Breath And Burning (5:58)
Poor Heart (3:18)
Halfway To The Moon (7:52)
The Line (8:02)
Waking Up Dead (5:36)
Tube (6:56)
Fast Enough for You (6:27)
Ocelot (10:20)
Chalk Dust Torture (13:40)

SET TWO
Crosseyed and Painless (11:08)
Blaze On (8:39)
Meatstick (11:34)
Winterqueen (11:10)
Mercury (15:15)
Light (15:42)
Wading in the Velvet Sea (8:03)

ENCORE
Drowned (7:23)
Rocky Top (3:16)

IMG_7214.JPG


番外編
昼間、Beach にいて風が強くても、
なぜか、砂はまったく飛んで来ない。

ビーチに寝転がっていてドリンクが欲しい時は、
近くのカウンターにいけば、何でも飲めますが、
このホテルは、11時頃からは、
がんがんドリンクを運んで来てくれます。
私は、最初にオーダーを取りに来てくれた人に、
飲みたい Drink をオーダーして
持ってきてくれた時に Tip をあげます。
そうすると、定期的にオーダーを
取りに来てくれるので便利。
ちなみに、生ビールは、自分でサーバーからつげます。

Jon 印の浮き輪は、朝早い時間に、
バギーで 20 個ぐらい Pool に持ってきて
投げ入れていましたので無料、早い者順です。
( 私は、趣味ではないのでスルーしました )
これは、Balcelo だけのサービスだと思います。
( 昨年の Tulum はなかったので )

The Accountant [Movie]


C.jpg
The Accountant
Director: Gavin O'Connor
Writer: Bill Dubuque
Stars: Ben Affleck, Anna Kendrick, J.K. Simmons
Runtimes: 131mins
★★★★★★★★☆☆


監督の Gavin O'Connor は、
Warrior で家族間の微妙な関係を見事に表現した
していましたが、本作でも Ben Affleck を起用し、
家族愛を含め、よく練られた物語に仕上げていました。

C1.jpg

また、Session で鬼教官を演じた
J.K. Simmons も円熟な演技で作品を引き締めています。

C2.jpg

本国では、スマッシュヒット程度でしたが、
私は、最初から最後まで楽しめました。
冒頭のシーンを後半の重要な展開に巧く繋げ、
徐々に明かされていく真実にワクワクさせられました。

私的は、お薦め作品です。




Road To Riviera Maya Phish 2017 Part 2 [Phish]


IMG_7151.JPGIMG_7150.JPG
Phish
Date: 2017/01/13
Venue: Balxeo Maya Beach,Riviera Maya Quintana Roo,Mexico
Showtime: 2 h 50 mins
★★★★★★★☆☆☆

さて、初日は、Poster 確保のため、
毎回、早めに会場に行き列に並ぶ。
他の宿泊施設から会場入りだった列と違い、
Barcelo 専用の列があることを学習していたので、
迷うことなく列に並べた。

IMG_7267.JPG

18 時開場でしたが、16 時半には列に並ぶ。
列に並んでいるのは、レーラーかポスターコレクター。
そこでの会話もまた楽しいのです。
今年は、いろいろと話しかけられました。
会場に入ると一目散でグッズ売り場へ向かう。
しかし、今年は珍しく列での整理入場だったため、
落ち着いて買い物もできたし、無事ポスターを確保できました。
この文化は、日本にはないですね。
私より前に並んでいる人達は、ほとんどがポスター 2 枚買いで、
T-Shirt などはあまり買いません。

IMG_7252.JPG

列に並びながら、
今年も Welcom Drink Cup
を 6 個確保しました。

IMG_7261.JPGIMG_7264.JPG

会場内の Food は、昨年と変わっていませんでした。
昨年、2 日同じ場所で観ていたアメリカ人が、
私たちに気付き、声をかけてくれ、再開を喜び合いました。
これだけのことでもなぜか嬉しいものです。

今年は、PA のテントの真後ろから観ました。
前は無論、後ろも広々としており、
まったくフラストレーションがなかった。

IMG_7169.JPG

初日は、19 時 45 分スタート。
Opner は Free。
Second は 21 時 30 分スタート。
昨年も Playした A Songs I Heard The Ocean Sing から
Run Like An Antelopeまで途切れず Play。
昨年も書いたかもしれませんが、
Fuego 好きな人は多いなと感じた。

IMG_7196.JPGIMG_7159.JPG

私が始めて聴けたのは Seven Below のみ。
Encoreは、Contact で終わってもよかったのだろうけど、
今年は、少しサービス精神があったみたいで、Bug も演奏し、
2 時間 50 分の Show でした。

IMG_7153.JPG

Barcelo では、ボウリング場の前に夜食が用意されていたので、
3 日間とも、会場から部屋に戻る途中、
ここでハンバーガー、ホットドッグ、ピザ、スパゲティーなどを取り、
部屋で Beer ととも食しました。


ph170113_01.jpg
SET ONE
Free (9:51)
Yarmouth Road (6:14)
Sand (9:19)
Theme from the Bottom (8:32)
Funky Bitch (5:44)
Undermind (9:23)
NICU (5:05)
Horn (3:47)
Wolfman's Brother (13:05)

SET TWO
A Song I Heard The Ocean Sing (8:10)
The Wedge (8:37)
Fuego (19:53)
Prince Caspian (9:38)
Twist (9:53)
Seven Below (11:18)
Golgi Apparatus (4:48)
Run Like an Antelope (11:58)

ENCORE
Contact (7:14)
Bug (7:19)


Road To Riviera Maya Phish 2017 Part 1 [Phish]


IMG_7258.JPG

今年も昨年同様に往路は、
Narita 10:50 (UA7936 ANA共同運航)約11時間 > 07:45 Houston
10:35 Houston(UA1014)約1時間50分 > 13:55 Cancun
復路は、18:00 Cancun (UA1277) 約5時間30分 > 20:25 Los Angels
00:05 Los Angels (UA7983 ANA共同運航) 約11時間 > 05:05 Haneda
どの空港も昨年よりも混雑度は低く、
Transit は何も問題はありませんでした。
昨年と変化していたのは、Houston で入国する際、
機械による入国手続きになっており、
機械処理後、列に並ぶことなく簡単に入国審査完了。
チケットを確保した時、飛行機の機種は、
ボーイング 777-300ER (77W)の 250 席で、
左側の 2 席を確保できて喜んだのに、
結局 264 席の機種に変更されたようで、
左側も 3 席になってしまったのは不満。
帰りは 250 席タイプでしたが、
こちらの方が断然ゆとりがあり楽ちんです。

IMG_7239.JPG

今年、ホテルは Barcelo を確保出来たため、
空港からシャトルバスで約 60 分でした。
ただし、昨年の宿泊したTulumと比較すると
全く規模が違い巨大で宿泊客も多いため、まったり度は低い。
また、従業員の態度も Tulum は家族的なもてなしでしたが、
今回は機械的で好感度も低かった。

IMG_7140.JPG

さらには、部屋がオーバーブッキングされており、ひと悶着。
また、部屋のドリンク補充も昨年は、毎日来てくれたのに、
今年は初日に来ただけ、これも Tulum に劣っていました。
Tulum は WiFi も無料でしたが、
Barcelo は事前に有料の申込案内がメールされてきました。

IMG_7260.JPG

今年良かったのは、会場まで歩いてすぐということ。
遊ぶ施設が数多くあり、Shopも充実している点ぐらいでした。
( Colona Shop だけは、USド ルが使えませんでした )
宿泊料金も Tulum よりも少し高いので、
CID が企画する同種のイベントがある際の参考にしていただきたい。



メッセージを送る