So-net無料ブログ作成

Santana / Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ [Music]




img0174.jpgimg0176.jpgimg0179.jpg
Santana
Titel : Ⅰ,Ⅱ(Abraxas), Ⅲ


CD が発売されはじめた頃に
購入していたのですが、
この度、千円でリリースされたので、
少しは良い音で聴きたいと思い再購入しました。

img0175.jpg

改めて、この 3 枚を通して聴くと、
本当に素晴らしい作品だと思うし、
逆に今の時代に、新しさを感じることにもなりました。

img0177.jpg

69年、70年、71年に録音され、
今でも古さを感じないということが驚きです。
時代が変わったとしても、本物は、
いつまでも生き残るのでしょう。

img0178.jpg

Santana を知らない方には、ぜひ、この機会に、
この素敵なリズムを一度は肌で感じて欲しいと思います。


ロック豪快伝説 / 大森庸雄 [Book]



61hS76pIsLL.jpg
著者: 大森庸雄
Title: ロック豪快伝説
Source: Kindle版
Release: リットーミュージック (2017/01/20)
Price: 800 円
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆


読みたい本が見つからず、咄嗟に購入しました。
読んだら、9 割は知っている話でした。
音楽好きの皆さんなら、知っている話も多いはず。
知らなくても読む価値があるかどうか・・・・

ただし、2637 ページに
「他にも UFO に遭遇したミュージシャンは、
グレイトフル・デッドのジェリー・ガルシア」
と記載されていたので、そこは評価します。



番外編
Fes 情報

eb2e8963-2a69-46aa-8e19-69de5db05846.png.jpeg


3a7c22d1-48ae-4658-8894-c32513b8a316.jpg


045a0517-d6bc-4de4-bbdb-f8d7bf569824.jpg


jc16_announce_header.jpg

Greensky Bluegrass / Sohuted,Written Down & Quoted [Music]



img0209.jpg
Greensky Bluegrass
Title: Sohuted,Written Down & Quoted
Produce: Steve Berlin
Recorded: Echo Mountain Studios(2015/10),
Mountain House Recording(2016/02)
Photograph: courtesy Of Everett Historical
★★★★★★★★☆☆


2014_10_24 Denver, CO.jpg
2014/10/24 Denver での
Show を無料 DL させて頂いたので、
そのお礼に、初めてスタジオアルバムを購入しました。

2016 年のリリースです。
Bluegrass という単語を見ると、
単調なリズムという印象を持たれる方も
多いと思いすまが、最近のこの手の Band は、
みんな素晴らしい広がりのある演奏を聴かせてくれます。
Rock 度も高いし、Jam的なインプロビゼーションも
聴きごたえがあるので、ぜひ一度ご賞味ください。

Greensky Bluegrass の
本作もとても聴きやすい内容でした。

img0210.jpg

この楽しい演奏を聴けば、
やはり Show を観たくなってしまいます。
毎年恒例の String & Sol は今年も 12 月に開催されます。
(この時期は、行きたくても行けないので残念です)

SS2017-lineup.344b7964.png

この 4つの Band をカンクンのビーチで観られたら
やっばり幸せな気分に浸られると思います。



番外編
dh2017_um_onsale.png
これも行きたいけど 12 月開催なのです。
ドミニカ行きテェー。


Trey Anastasio Acoustic Tour 2017 [Trey]




img0168.jpg
Trey Anastasio
Date: 2017/03/11
Venue: Portsmouth Music Hall,Portsmouth,NH
Recoded: Jon Altschiller
Poster Design: Nale Duval
Release: Live Phish
2CDR
★★★★★★★★☆☆


以前、このブログでご紹介した
Trey の Acoustic Tour。
音源をシェアーしていただいたのち、
CDR でのリリースでしたので、
3 日間購入して、音を楽しんできました。

img0169.jpg

この日は、Acoustic では初演の
Wingsuit が Opner で登場しました。
そして、この日の初演はこの曲も含み 7 曲でした。
1 曲は、Paul Simon の American Tune です。
( この曲を Willie Nelson も " Across The Borderline"
というアルバムの 1 曲目に収録しており、
このアルバムは素敵な作品なので、
機会があったらぜひ聴いて欲しい )

この Acoustic Tour でもそうですが、
アップテンポの曲も楽しいのですが、
どうしても、Trey が歌うスローなバラード調の曲、
Joy のような曲に耳が傾いてしまいます。

3 日間とも演奏したのは "More" のみです。
Trey が And My Heart Is Screaming という歌うと、
一人女性が大きな声で叫んでいます(笑)。

ということで、この 3 日間の音源は、
Phan としてはマストなのではないでしょうか。
そして、多くの Band が行ってきたように
いつの日か、Phish も
Acoustic Set & Electric Set Tour
を敢行して欲しいなと思うのでした。


番外編
img0164.jpgimg0165.jpg


img0166.jpgimg0167.jpg

Chris Thile / Bach Trios [Music]


img0211.jpg
Chris Thile
Title: Bach Trios
Produce: Steven Epstein
Recoded: 2016/03/03-08 The Barn,Washington,MA
Photography: Danny Clinch
★★★★★☆☆☆☆☆


Goat Rodeo Session の
Yo-Yo Ma, Edgar Meyer と Bach Session です。

以前にブログで紹介しましたが、
すでに、Chris はソロで Bach の作品をリリースし、
その時は、Edgar Meyer が Produce していました。

img0212.jpg

本作は、そこに Yo-Yo Ma が加わり、
さらに Classic な音作りがされています。

でも、この音は、私にはちょっと退屈で、
病院の待合室で流れている音楽を想像してしまいます。



番外編
fe84224e-4e12-46db-a3af-537a674bd106.png
やはり、この Festival は面子が素晴らしすぎます。

Chris Thile & Brad Mehldau [Music]



img0170.jpg
Chris Thile & Brad Mehldau
Produce: Chris Rhile & Brad Mehldau
Recoded: 2016/12/30 – Avatar Studios,NY
Photograhy: Micheal Wilson
2CD
★★★★★★★☆☆☆


様々なジャンルのアーティストとのJam Session
を続けている Mandolin 奏者の Chris Thile。

今回は、ジャズピアニスである、
Brad Mehldau との SessIon。

Joni Mitchell、Elliott Smith、Dylan の
曲などの Coverを取り込みながら、
心温まる演奏を繰り広げてくれています。

img0171.jpg


まだ、Chris Thile の Mandolin に触れられていたい方は、
ぜひ、機会があれば、一度彼の音を聴いて欲しいと思います。


Taj Mahal & Keb'Mo' / Tajmo [Music]



img0189.jpg
Taj Mahal & Keb'Mo'
Titel: Tajmo
Produce: Keb'Mo' & Taj Mahal
Recoded: Stu Stu Studios, Berkely,CA
Photography: Jay Blakesberg
★★★★★★★★★☆

田島 春さんではなく、Taj Mahal の新作。
私が、彼のライブを最後に観たのは2008年、
もう約10年も経ってしまいますが、
素晴らしい新作をリリースしてくれました。

1曲目を聴いたら、Slow Train Coming の
Cover かと思いましたが違いました。
でも、1 曲目からご機嫌なナンバー。

img0190.jpg

二人の Slide Guitar に、
バックのハーモニカ、ホーン、
マンドリン、パーカションの
演奏が素晴らし過ぎます。

ゲストで、Joe Walsh(2曲)、Sheila E(2曲)、
Bonnie Raitt も参加し、演奏に花を添えています。

私は、今のところ、今年の最高傑作だと思います。
ぜひ、一人でも多くの方に耳にしてもらいたいアルバムです。




Zac Brown Band / Welcome Home [Music]




img0180.jpg
Zac Brown Band
Title: Welcome Home
Produce: Dave Cob
Photograhy: Diego Pernia
★★★★★☆☆☆☆☆


この Band も好きなのでデビュー以来、
ずっとアルバムを購入して来ましたが、
本作で終わりにしようと思います。

本編は 40分にも満たない演奏時間。
このご時世、これだけでも、
物足りなさを十分に感じてしいます。

img0181.jpg

Star Over という曲は、完全に、
Save the Last Dance for Me と
Under The Board Walk のパクリです。

ご購入を考えている方は、
別の作品を購入した方が良いと思います。




Phish / 05.17.92 - Achilles Rink - Union College, Schenectady, NY [Phish]


ph920517_01.jpg
Phish
Date: 05/17/92
Venue: Achilles Rink - Union College, Schenectady, NY
Recorded: Paul Languedoc to 2-track soundboard cassette
Mastered: Fred Kevorkian
Source: Live Phish (Flac)
Price: $12.95
★★★★★★★☆☆☆


この会場は、Union College の Hockey Arena で
Capacity 約2,500人という会場です。
それが今や、もっと大きい会場でも
チケットが入手困難な Band となりました。

いつもアーカイブ音源を聴くときは、
どんな Tease が入っているのかなどを
見つける楽しみがあり、
今回は、Possum に潜んでいました。

Joe Walsh の Rocky Mountain Way、
Doobie の China Grove、
そして、Divided Sky のギターソロパートを
取り込んでいるのを発見し、
あとで、Show Note を確認したら正解でした。
この楽しみは、これからも止められません。

Opner の The Landlady を聴くと
リビエラ・マヤで聴いた光景が思い浮かびます。
Cold As Ice はフォリナーの Cover ですね。
Harry Hood も中々、良い演奏だと思います。



SET ONE
The Landlady (3:54)
Llama (4:42)
Colonel Forbin's Ascent (5:30)
Fly Famous Mockingbird (12:31)
My Sweet One (2:41)
Reba (11:39)
I Didn't Know (3:23)
Stash (10:27)
The Mango Song (7:42)
Poor Heart (2:50)
Chalk Dust Torture (6:50)

SET TWO
The Curtain (6:53)
Possum (13:55)
Guelah Papyrus (5:33)
The Squirming Coil (7:22)
All Things Reconsidered (3:04)
Brother (6:18)
Sanity (5:30)
Cold As Ice (1:07)
Love You (8:12)
Hold Your Head Up (0:39)
Sparkle (4:00)
Harry Hood (13:21)
Cavern (5:49)

ENCORE
Lawn Boy (2:25)
Good Times, Bad Times (6:04)

FILLER
Suzy Greenberg (5:49)
Maze (9:06)
Divided Sky (14:27)
Horn (3:42)
Mike's Song (8:39)
I Am Hydrogen (3:14)
Weekapaug Groove (7:40)
Runaway Jim (8:21)



Arrival [Movie]

178447f10bcc4f9f.jpg
Arrival
Director:Denis Villeneuve
Writers: Eric Heisserer, Ted Chiang (based on the story "Story of Your Life" )
Stars:Amy Adams, Jeremy Renner, Forest Whitaker
Runtime: 116 mins
★★★★★★☆☆☆☆


昨日は、ライブが終了し、
横浜に戻って、零時から本作を鑑賞しました。

640.jpg

現時点での評価はこんなものなのですが、
劇場で 1 度観て納得できる物語にはなっていません。
台詞が多いので、自宅でゆったりと鑑賞し、
細かい箇所を紐解きながら、結末を迎えられたら、
面白さが増すのだと思います。

640-1.jpg

今の時代、全くの独創性というは
困難な時代だと思うので仕方ないですが、
キューブリック作品のような印象を受けたし、
結末は、ある映画にすごく似ていると思う。


番外編
ちなみに日本公開用ポスターは、
"セ"だけフォントが違います。
これは意図的にしたそうです。



メッセージを送る