So-net無料ブログ作成

Grateful Dead / Dave's Picks Bonus Disc 2018 [Dead]



img0558.jpg
Grateful Dead
Title: Dave's Picks Bonus Disc 2018
Date: 1971.12.14
Venue: Hill Auditrium, ANN ARBOR, MI
Illustration; Tim Mcdonagh
★★★★★★☆☆☆☆


1 年に 4 回リリースされるうち 1 回に特典が付きます。
2018 年の Dave’s Picks Bonus Disc は、
1971.12.14 の音源でした。

5 曲目の Casey Jones までが First Set からのチョイス。


img0559.jpg

6 曲目以降は、Second Set からのチョイスでした。
この日も NRPS が前座。

特記事項はなし。可もなく不可もなくです。

nice!(0)  コメント(0) 

Grateful Dead / Dave's Picks Vol.26 [Dead]



img0556.jpg
Grateful Dead
Title Dave's Picks Vol.26
Date: 1971.11.17
Venue: Albuquerque Civic Auditrium, Albuquerque,NM
Produce: Grateful Dead
Produce for release: David Lemieux
Recorded: REX Jackson
Cover Art: Tim Mcdonagh
Back cover Photo: Mary Ann Mayer
3 CD
★★★★★★★☆☆☆


Disc 2 の 3 曲目からが Second Set。
2 曲目の Ramble… は Dead Base によると
この日の Encore になっていたけど、
こちらの盤の配置が正しいと思います。

演奏は、可もなく不可もなしですが、
Dead が好きないち Fan として、
こうした音源を Archive してくれることには感謝しています。


img0557.jpg


この日は、NRPS が前座で登場しています。

Disc 3 は、
1971.12.14の Filler で
10 曲目までが First Set からのチョイス、
11 曲目の Big Boss 以降が
この日の Second Set からのチョイスになります。



nice!(0)  コメント(0) 

Dead & Company / Playing In The Sand Day3 [Dead]

img0521.jpg
Dead & Company
Title: Playing In The Sand
Date: 2018.02.18
Venue: Barcelona, Riviera Maya,Mexico
Recoded Mix: Ross Harris
Live Mix: Derek Featherstone
Illustration: Mike Dubois
3CDR
Runtime: 177mins
★★★★★★★☆☆☆

Riviera Maya の最終日、
この日で気になったのは、
Grateful Dead では、ほんの数回しか
(以前に、その全てをコンピレーションした
CDR を頂き、我が家のどこかにあるはず)。
Play していない"If I Had The World To Give"
( 昨年の Fall Tour でも Play したと思います)を Playし、
Vocal は Oteil ですが、
この曲も彼の声にあった曲だと思います。

img0522.jpg

そして、Dead Co の演奏で、
気に入っているのが
"They Love Each Other"
多分、John が好きなのではないかと推測します。
この曲を聴くと気持ちが軽くなり、明るく、笑顔になります。

そして、初日の Opner で演奏した
Playin' In The Band に戻ってくるという
心憎い演出で終わります。

3 日間の音源を聴き終わり、
やはり、私も現地に居たかったなと思いつつも、
こうして良い音で音源を聴ける恵まれた時代に感謝です。



nice!(0)  コメント(0) 

Dead & Company / Playing In The Sand Day2 [Dead]


img0519.jpg
Dead & Company
Title: Playing In The Sand
Date: 2018.02.17
Venue: Barcelona, Riviera Maya,Mexico
Recoded Mix: Ross Harris
Live Mix: Derek Featherstone
Illustration: Mike Dubois
3CDR
Show Times: 206mins
★★★★★★★★☆☆


カンクンのビーチでの Show 2日目。
この日の目玉は、
I Know You で、
Michael Franti が登場したことかな。

なぜ、ジョイントしたのか理由は調べていませんが、
楽しい演奏になっています。

Comes A Time は、
Bass の Oteil が Vocal ですが、
優しい声で、この曲を歌うにはお似合いの声です。

img0520.jpg

多くの Dead Headsが、
この日の演奏も海風に吹かれ、
心地よい時間を過ごしたことでしょう。

土曜日なので、お決まりのあの曲で終了。
この日も 3 時間オーバーの Show になりました。

同一会場なのに、毎日違うジャケットを
用意してくれるところが Dead らしいです。



nice!(0)  コメント(0) 

Dead & Company / Playing In The Sand [Dead]



img0517.jpg
Dead & Company
Title: Playing In The Sand
Date: 2018.02.15
Venue: Barcelona, Riviera Maya,Mexico
Recoded Mix: Ross Harris
Live Mix: Derek Featherstone
Illustration: Mike Dubois
3CDR
Show Times: 204mins
★★★★★★★★★☆


これが1月に開催されていたら、
迷わず参加していましたが、
2 月開催だったので、諦めがつきました。

しかし、この初日の音源を聴いただけで、
行きたかったなという気持ちにさせられます。

img0518.jpg

レイドバック感が堪らなく素晴らしい。
この音源を聴いているだけで、
あの浜辺と周辺の雰囲気に包まれます。

あー、至福な時間だな。
あと 2 日分の音源を聴くのが楽しみです。


nice!(0)  コメント(0) 

Jerry Garcia Band / GarciaLive Vol.10 [Dead]



img0513.jpg
Jerry Garcia Band
Title: GarciaLive Vol.10
Date: 1990.05.20
Venue: Hilo Civic Auditorium,Hilo,Hawaii
Recorded: John Cutler
Photos: Bill Smythe
Show Poster: Courtesy of Nicholas Meriwether
Shows: 2 h 17 mis (2CD)
★★★★★★★★★☆


GarciaLive の第 10 段は、
ハワイイのヒロで行われた Show。

Hilo Civic Auditorium は、
高校の体育館程度の広さ。
ここで、この演奏を聴けた人は、
とても幸運だったと思います。

img0516.jpg

演目も、JGB で演奏される代表曲が
ずらっと並んでいるので、
Fan にとっては嬉しい限り。

img0514.jpg

人生の晩年、Garcia がハマったダイビング。
好きな趣味に興じながら、この Show をしたのでしょう。
演奏にもリラックスした雰囲気を感じ取ることができます。

img0515.jpg

Forever Young の Garcia のソロ を聴くと、
天にも昇る気持ちになります。


IMG_2248.JPGIMG_2249.JPG
↑この Zipper 付きのトレーナーは、当時に日本で購入したものです。


番外編
今回も当然、Combo Set で購入です。

IMG_2119.jpgIMG_2120.jpg


IMG_2247.jpg
このポスターのデザイン好きです。
なので、もう額に入れて我が家に飾られています。





nice!(0)  コメント(0) 

Roots Of Creation / Grateful Dub [Dead]



A134C3cXSTL._SL1500_.jpg
Roots Of Creation
Title: Grateful Dub
★★★★★★★★☆☆


Grateful Dead の曲を Reggae や Dub で
Cover した作品です。
(本作は、頂きものです。ありがとうございます )

ゲストに、
Stephen Marley、Melvin Seals、G. Love
などが参加しています。

これからの季節に最適なリズム。
Rum や Tequila を飲みながら、
春風に吹かれ、本作を聴くのも悪くないと思います。

25188774-10155787298303260-6802884333769975825-o.jpg
↑ Tour もやってます。

Reggae Celebrates という作品も
発売されていますので、興味がある方は、
こちらも是非、聴いて観てください。


番外編
IMG_2047.jpgIMG_2046.jpg
今年も、Grateful Deadの E.P.がリリースされます。
シリーズとしては 5 作目になります。



nice!(0)  コメント(0) 

Bob Weir and Phil Lesh Duo Tour / with Trey Anastasio [Dead]



83e5428a-10a1-4b8a-809b-e5f323076050.jpg
Bob Weir and Phil Lesh
Date: 2018.03.03
Venue: Radio City Music Hall, New York, NY
★★★★★★★★☆☆


この春、2人は NY, Boston, Chicago で
2 公演ずつ 新しい企画のツアーを行っています。
歳を取っても、精力的に色々なことを試してくれる姿勢
を私たちも見習わないといけないと思うのです。


38d64942-669e-48f1-b622-0c6a4b0d72ae.jpg548dd6ba-9e3f-4f66-99d4-596e61cab31d.jpg

2 人の他に、ドラムとして Waily Ingram が参加。
彼は、以前、Lindley と共に何度か日本も訪れてくれています。
( そういえば、WSP でもゲストでドラムを叩いている映像があったな)

これまでには聴いたことがないような
Bobby の攻めのギターに、冷静な Phil の Bass
が心地よく絡み、至福な時間が流れます。

そして、この日のセカンドセットは、
Trey Anastasio が参加しているのが見どころ。
違和感なく、2人のプレイに Trey のギターが入り、
ずっと Jam が続いていきます。

968462f7-8b85-4225-ab46-b69a7419c506.jpg0016_030318_dg_0085_728x375-min.jpg

この日の映像は、youtubeに
オフィシャル映像を置いてくれた人がいるので、
ぜひ、興味のある方は、ご覧ください。
( 音源も購入できます )

8 日の Boston 公演では、
私の大好きなギタリスト Larry Campbell,
Teresa Williams がゲスト参加し、
The Maker を演奏しています。
こちらも yourube で観られます。

初日かな、レアなオペレーターもプレイしています。

80ad048f-046d-4ea0-9974-0c70b23a6a32.png.jpeg


Set List
Set I:
New Speedway Boogie, West LA Fadeaway,
Lazy River Road, Deep Elem Blues, Row Jimmy,
Cassidy> Touch of Grey> Cassidy

Set II:
Playing in the Band^, The Wheel^> Dark Star^> Jack Straw^,
Eyes of the World^> Dark Star^> St Stephen^>
Viola Lee Blues^> Standing on the Moon^> Viola Lee Blues^

Enc: Ripple^

Notes:
^ – With Trey Anastasio



nice!(0)  コメント(0) 

本日の空輸便 / Jeery Garcia [Dead]




久しぶりに Garcia 関係グッズ
を発注してみました。

IMG_2015.jpgIMG_2017.jpg
$20


IMG_2018.jpgIMG_2019.jpg
$30


IMG_2020.jpgIMG_2021.jpg
IMG_2024.jpgIMG_2025.jpg
each $10


IMG_2022.jpg
Garcia の Guitar アイコン。
4 枚ワンセットで $10。


IMG_2023.jpg
each $3





nice!(0)  コメント(0) 

Grateful Dead / Dave's Picks Vol.25 [Dead]


img0488.jpg
Grateful Dead
Title: Dave's Picks Vol.25
Date: 1977.11.06
Venue: Brooms County Veterans Memorial Arena,Biinghamton,NY
Produce: Grateful Dead
Recorded: Betty Cantor-Jackson
CD Mastering: Jeffrey Norman
Cover Art: Tim Mcdonagh
3CD
★★★★★★★★☆☆


Dave's Picks も無事に 7 年目に突入。
小学校に入学した子は、もう中学生という歳月。
あっという間に、時間が流れてしまいます。
Deadの音をたくさん聴いて、
後悔しないよう生きたいと思うのです。

Openerの Mississippi を聴いた瞬間に、
あー、やっぱり Jerry の声とギターって、
いいなと思うのでした。

img0489.jpg

Dead &Co. や Further もいいなと思うのですが、
Jerry の演奏を聴くとホッとするし、
心が和むということを、
この音源を聴いて改めて実感しました。

音質的には、Phil の Bass の音量が
大きすぎるかなと感じましたが、
その他は、セットリスト含め、良いと思います。





nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る