So-net無料ブログ作成

Buddy Guy / The Blues Is Alive And Well [Music]



img0593.jpg
Buddy Guy
Title: The Blues Is Alive And Well
Produce: Tom Hambridge
Recoded: Ducky Carlisle At Blackbird Studios,Nashville,TN
Photography: Chuck Lanza
★★★★★★★☆☆☆


この人も、年を取って多作になっているな。
コンスタントに新作をリリースします。

あまり Blues を聴かない私も、
最近の Buddy Guy の新作は購入しています。

近年リリースした彼の作品の中では、
一番 Blues 度高いアルバムとなりました。

img0594.jpg

3 曲目は、Jeff Beck と Kieth Richards の 2人、
8 曲目は、Mick Jagger が参加しています。

どの曲もタメが利いたギターに酔いしれることができます。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Angelique Kidjo / Remain in Light [Music]


Remain in Light.jpg
Angelique Kidjo
Title: Remain in Light
Produce: Jeff Bhasker
★★★★★★★★☆☆


Kidjo が Talking Heads の "Remain in Light"
を録音したというニュースを知り、
このアルバムを聴けるのを楽しみにしていました。

元々、"Remain in Light" でも、
アフリカンサウンドやリズムを感じますが、
今回、Kidjo は、New African Roots な Sound に、
近代的な電子音の Sound をミックスすることで
この素晴らしい作品に更なるアフリカ的エッセンス
を加え、素晴らしい作品に仕上げてくれました。

Drummer は Tony Allen なので、
余計にアフリカンサウンドを感じることができます。

本作を聴いて、オリジナルの
Talking Heads の "Remain in Light" を聴いて、

img0615.jpgimg0614.jpg

更には、Phish の "Remain in Light" も
(Live Phish15 / 96.10.31 The Omni Atlanta,Georgia)
聴き直した今日この頃です。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Cowboy / Cowboy [Music]



img0589.jpg
Cowboy
Title: Cowboy
Produce: Sam Whiteside and Cowboy
Recorded: Capricorn Sound Studios
Photography: Al Clayton
★★★★★★★☆☆☆

1977 年に録音された作品で、
Cowboyの 5作目にして、
最後のスタジオアルバムが初 CD 化です。
( 今回 3 枚目も CD 化されました )

タルトンとポイヤー以外、
オリジナルメンバーはいません。
初期に聴かれたカントリーテイストはなりを潜め、
ポップでキャッチャーな曲が並び、
2人の優しい歌声を聴くと、
いかにも 70 年代のサウンドだなと思える作品です。

img0590.jpg

このサウンドって、出したくても、
今のバンドには鳴らせない音なんだと思います。
適度に Laid Back していて気持ち良いです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Venice / What Summer Brings ( Japan Edition ) [Music]



img0552.jpg
Venice
Title: What Summer Brings ( Japan Edition )
Produce: Michael Lennon
Recorded: Lennon Music Studios
Photography: Michael Porro
★★★★★★☆☆☆☆


この作品も誕生日プレゼントです。

アメリカのべニスビーチ出身で、
ダニー・クーチマーの Produce で、
90 年に作品をリリースするも売れず、
97 年にリリースした
Born and Raised がオランダでヒットして、
それ以降、ずっとヨーロッパでは、
人気があるという Band らしいです。

本作は 13 年にリリースされ、
オリジナル盤は 2 枚組 20 曲でリリースされていますが、
本作は、日本仕様で 14 曲にしたそうです。
( オリジナルを聴いてないので、
選曲された方の好みということになります )

img0553.jpg

さて、作品を聴いてみると、確かに聴きやすいし、
AOR や West Cost 的な雰囲気や香りを感じましたが、
これといった特徴もないので、
これから季節にイージーリスニングな聴き方に
なってしまうであろう作品かなと思います。

まあ、飛び抜けた曲もないので、
特段購入をお薦めするまでもないかなと思います。

ちなみに、甥っ子は Ted Lennon そうです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Steve Young / Honky-Tonk Man [Music]


img0550.jpg
Steve Young
Title: Honky-Tonk Man
Originally released on Mountain Railroad Records,1975,US
Produce: Steven Powers
Recoded: Sound 80, Minnesota
Digital Remastering: Joohyung Lee
Art Work: Youngjun Kim
★★★★★★★☆☆☆

皆さんは,Eagles が Live 盤で Cover して
Seven Bridge...で Steve Young を
知っている方が多いのではないでしょうか。

この CD も誕生日に頂きました。
中学 1 年生の冬、この LP の B 面の 1 曲目、
Traveling Kind の早弾きギターを
毎朝聴いてから学校に行った記憶が蘇ります。

これは探していた作品ですが、
CD でリリースされているとは知りませんでした。

img0551.jpg

今回 CD を聴いて、
A 面最後の The Band の
The Night They... の編曲が
素晴らしいかったことに気付きました。

本当に懐かしい作品です。
彼も亡くなってしまったので、
生で彼の演奏を聴くことはもうできませんが、
その他の作品も含めて、これからも
Steve Young を聴いていきたいと思います。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Venetian Snared × Daniel Lanois [Music]



img0583.jpg
Venetian Snared × Daniel Lanois
Produce: Daniel Lanois and Aaron Funk
Recorded: Dangerous Wayne Lorenz
Original Art: Daniel Lanois
★★★★★☆☆☆☆☆


Venetian Snaredのことは全く知りませんが、
Daniel Lanois 好きな私にとっては、
ストックしておかなくてはいけませんので購入。

全体的に不協和音的な打ち込み系の音の後ろで、
Lanois Sound が流れています。
私的には、後ろの Lanois Sound だけなら、
どんなにか気持ち良くなれるのにと思うのです。


img0584.jpg

邪魔な音だけ消し去りたい、
そうしたら私好みの作品になります(笑)。
邪魔いうより、私には、もう耳障りな音なのです。
ちょっと残念な作品でした。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

John Mellencamp / Plain Spoken From The Chicago Theatre [Music]


img0581.jpg
John Mellencamp
Titel / Plain Spoken From The Chicago Theatre
Date: 2016.10.25
Venue: The Chicago Theatre
Produce: Barry Ehrmann
Recoded: David Leonard
Lighting Design: Steve Cohen, Nate Cromwell
Phography: Harry Sandler
Source: 1CD+1Blu-rey
Runtime: CD(72mins), Blu-ray(80mins)
★★★★★★☆☆☆☆


これまで John Mellencamp のライブは、
Farm Aid では毎年のように観てきたのですが、
Live がこのような形で作品になったのは初めてではないかな。
お客さんの入りが良いのにも驚きです。

大人の演奏をしていると思います。
Lighting も最近の Dylan の Lighting
のような感じで、とても落ち着きを感じます。

編成は、ギター2人(本人を入れると3人)、
ドラム、ベース、フィドル、
アコーディオン(ハーモニカ・鍵盤)となっています。

img0582.jpg

収録された曲は、16 曲ですが、
当日は、20 曲演奏しているようで
代表曲の Crumblin' Down、Jack & Diane
などは Play していますが収録されていません。
また、16 年には Hurts So Good は 1 回しか
Pay しておらず、この日も Play していません。

1 曲がそれほど長い演奏ではないので、20 曲で
95 分の Show がいいところかな。
( 私が武道館で観た時は、2 時間近い Show でした )
そういう意味では、物足りなさを感じでしまいます。

絵描きになると言いつつ、
ここまで音楽を続けていられるのは、
やはりファンのお陰と才能なのかな。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Jack Johnson / Willie Got Me Stoned [Music]



Music High.jpg
Jack Johnson
Title: Willie Got Me Stoned
Source: MP3


Willie の新作を紹介した後にアップすれば
よかったのですが、忘れていました。

私がこの曲を初めて耳にしたのは、
2015 年 Farm Aid で、
Jack が紙を見ながら歌った時です。
多分、この前日に Willie の自宅で起きた出来事なのだろう。
内容は、歌のタイトルが語っています。

昨年のツアーの Set List に
この曲が加わったようで、今回、発売された音源は、
コロラド州イングルウッドのフィドラーズ・グリーン・アンフィシアター
での初日のライブ音源で、曲の冒頭、
「Willie と一緒に過ごせて、俺たち全員、本当に光栄だった。
彼の自宅にお邪魔して、一緒に過ごすことにした。
これから話すことはその夜、本当に起きたことだ」と
語っています。

Willie と一緒に大麻をふかして、
一晩一緒に過ごした Jack は、
有り金の全部ポーカーで Willie に取られて、
帰りのタクシーを呼ぶ金すら残っていなかったという。
そのことを
「50ドルを使い果たしたら変な気分になった」と歌い、
「俺がポーカーのルールを知らなくてもお構いなし
/俺が自分の名前を覚えてなくてもお構いなし/
ウィリーが俺を酔っ払わせたあとは」
と歌っています。

そして、私は、この曲に Inspire されて、
次の Play Listを作って見ました。
曲名からだけではなく、詩をわかっていないと
Inspire された理由も分かりづらいかもしれません。
7 曲目あたりは、とてもマイナーな曲
(ハワイいのミュージシャンの曲)なので、
知っている方がいれば凄いと思います。
そんなブレイリストです。

img0578.jpg

この Jack の曲は、
YouTube でも聴いたり、観たりできますが、
アーティーストの権利のために気に入ったら
購入して聴きましょう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Longbranch Pennywhistle [Music]



img0548.jpg
Longbranch Pennywhistle
Title: Longbranch Pennywhistle
Originally released on Amos Record,1970,US
Recorded: T.T.G. Studio.Hallywood,CA
Digital Remastering: Joohyung Lee
Art Work: Youngjun Kim
★★★★★★★☆☆☆

今年の誕生日プレゼントで頂きました。

こんな作品が密かにリリースされているのですね。
Glenn Fly と J.D Souther が 69 年に録音した作品です。

この手の音源、日本人は好きだけど、
Eagles が大好きな人以外は手を出さない作品ですが、
マニアックな音楽好きの方々にとっては、
涙がちょちょり出るぐらい嬉しい音源だと思います。

img0549.jpg

秀でた曲や演奏ではないですが、
本作を聴いていると
70 年代に感じていた素朴な長閑な気持ちになります。

ちなみに本作は、最近、リリースされた
Glenn Fly の企画物作品の中にも同封されています。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Willie Nelson / Last Man Standing [Music]



img0540.jpg
Willie Nelson
Title: Last Man Standing
Produce: Buddy Cannon
Recorded: Sound Emporium Studios, Nashville,TN
Photography: Curtis Millard
★★★★★★★☆☆☆

はい、またまた新作をリリースしました。
このペースは恐るべし、私も見習って、
もっともっと懸命に仕事を
しないといけないと戒められています。
( 葉っぱの効用なのかな、笑 )

1 曲目のタイトル曲からご機嫌な Willie サウンド。
声も衰えを感じさせない、
いつ聴いても素晴らしい声質だと思います。
( 私の母親は、Willie の声が大好きでした )

img0541.jpg

すでに、本作に収められている 4 曲を
YouTube で観ることができます。

哀愁を感じるジャケットも素敵です。


Aison KraussがFiddleで参加。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る