So-net無料ブログ作成
検索選択

50 Greatest Prog Rock Albums of All Time By Rolling Stone [Music]

rs-199252-pink-floyd-darkside-of-the-mooon.jpgrs-199241-king-crimson-court-of.jpgrs-199259-rush-moving-pictures.jpg

1. Pink Floyd, 'The Dark Side of the Moon' (1973)
2. King Crimson, 'In the Court of the Crimson King' (1969)
3. Rush, 'Moving Pictures' (1981)
4. Pink Floyd, 'Wish You Were Here' (1975)
5. Yes, 'Close to the Edge' (1972)
6. Genesis, 'Selling England by the Pound' (1973)
7. Jethro Tull, 'Thick as a Brick' (1972)
8. Can, 'Future Days' (1973)
9. Genesis, 'The Lamb Lies Down on Broadway' (1974)
10. Yes, 'Fragile' (1971)


我が家には全アルバムあるので、
順当といえば、順当なのかな。

17. Mike Oldfield, 'Tubular Bells' (1973)
というのが、私にとっては意外に低い順位なのが残念。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Watkins Family Hour [Music]



img0132.jpg
Watkins Family Hour
Produce: Watkins Family Hour
Recorded: Carriage House,Los Angels,CA
Photography: Roman Cho
★★★★★★★☆☆☆


2002 年から定期的に開催されてきた
ライブイベェント"Watkins Family Hour"
このイベェントは、ニッケル・クリークに在籍した
Watkins 兄妹がゲストを迎えて演奏するというもの。

本作は、そのイヴェント名を付けて、
2015 年にリリースされました。

私が購入した理由は、もちろん、
Brokedown Palace を Cover していたから。

img0133.jpg

その他も、Fleetwood Mac, Bob Dylan
などの曲をブルーグラス &フォーク な
演奏スタイルで Cover しています。

ゆったりした演奏に心が緩みます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Youssou'n Dour / Africa Rekk [Music]



img0138.jpg
Youssou'n Dour
Titel: Africa Rekk
★★★★★★★☆☆☆


久しぶりに Youssou'n の歌声を
聴きたいなと思っていたら、
新作がリリースされていたので購入。

1 曲目から、彼らしいダンサブルな曲調に、
変わらない伸びやかな歌声がマッチして、
心地良さを味わいました。

img0139.jpg

詩の内容は、きっと重たい内容なのかなと想像しつつ、
そこには世界の人々へのメッセージが詰まっていて、
そのパワーと真摯な音楽が、
私のたちの体を動かせさてしまうのだと思う。

流石、Youssou'n と思わせてくれる作品でした。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Sheryl Crow / Be Myself [Music]



img0136.jpg
Sheryl Crow
Title: Be Myself
Produce: Jeff Trott & Sheryl Crow
Recorded: Green Barn,Nashville
Date: 2016/09/06 - 10/1
Photography: Mark Seliger
★★★★☆☆☆☆☆☆


Sheryl Crow の新作です。
何を書こうか考えてしまう内容です。
まあ、普通に聴いて、普通に聴き流すアルバム。

img0137.jpg

Pop 調なサウンドもあれば、
まあまあ泥臭いサウンドもある。
部屋で流れていて邪魔にならないサウンド。

購入しなくてもいいんじゃないかな。
もう、Sheryl Crow も次回作は買わないだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Ray Davies / Americana [Music]


img0128.jpg
Ray Davies
Title: Americana
Produce: Ray Davies
Recoded: Kink Studios
Art Direction: Frank Harkins
Photography: Steve Gullick
★★★★★★★★☆☆


The Jayhawks を Back Band
に従えた Ray Davies の新作です。

Ray がアメリカを旅した時に、
インスパイアーされたことを題材に
詩を書いたようで、1 曲目から、
UK ではなくて、USA を感じる旋律で
スタートしますが、アルバム全体を通して、
演奏でも、タイトル通り、
Americana を感じさせてもらいました。

img0129.jpg

13 曲目は、ジミンヘンの Wild Things
を Dylan 風に歌ってるように聴こえました。

ご機嫌なナンバーと哀愁漂う、
とても良い作品だと思います。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Mumford & Sons / Live From South Africa [Music]



img0125.jpg
Mumford & Sons
Title: Live From South Africa,Gentelman Of The Road Edition
Film: Dick Caruthers
Produce: Jeremy Azis
Venue: Pretoria,South Africa
Date: 2016
2Blu-ray + CD
★★★★★★★☆☆☆


知らないうちにリリースされていました。
何種類かのうち、CD が付いている
この Edition をチョイスして正解でした。

映像は 17 曲で、CD は地元のアーティストと
共演した 2 曲を中止にカットされ
13 曲収録されています。

3 作目のアルバムツアーなので、
本作で初めてライブの音を聴けた曲もありますが、
大観衆が馴染みの曲を口ずさんでいるせいか、
1, 2 枚目の曲の素晴らしさが余計に際立って
聴こえてしまう結果になっています。

バンドは、今年、U2 の前座を務めるようですが、
Luminners もまた U2 の前座をやるので、
U2 は、この手の Band を認めているのでしょう。

img0126.jpg

Mumford, Luminners, Avett Brothers
を集めた Fes なんかも人気になるのではないでしょうか。
この企画、日本のプロモーターさん、実現してくれませんか。

ちなみに、もう 1 枚の Blu-ray は未聴です。
おそらくドキュメンタリー映像だと思われます。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Neil Diamond / 50Th Anniversary Collection [Music]

img0117.jpg
Neil Diamond
Title: 50Th Anniversary Collection
Compilation Produced: Peter Fletcher
Art Direction: Todd Gallopo
3CD,50Songs
★★★★★★★☆☆☆


近年のアルバムは、購入してきましたが、
昔のアルバムは持っていなかったし、
50 周年記念で、50 曲もわかりやすいコンセプトで、
良い企画だと思い購入しました。

img0118.jpg

久しぶりに聴く曲が多く、
こうして聴いてみると初期の曲の
編曲が素晴らしいなと思うし、
魅力的な声だからこそ、
この世界を生き抜いてきたのでしょう。

若い方にも、ぜひ聴いてもらいたい
コンピレーションアルバムです。


番外編
IMG_8606.JPGIMG_8607.JPG
昨年、友人がこの Show を観に行ったので、
無理を言い、購入してきてもらいました。
いつもありがとう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bob Dylan / Triplicate [Music]



img0112.jpg
Bob Dylan
Title: Triplicate
Produce: Jack Frost
Recoded: Al Schmitt
Photography: John Shearer
Design: Geoff Gans
3 CD, 30 Songs
★★★★★☆☆☆☆☆


前 2 作と同様に、Dylanの解釈、
俺にはこう聴こえるという姿勢で、
スタンダートナンバーを今回もカバーしています。

img0113.jpg

面倒なので、いっぺんに 3 枚リリースというところかな。
それぞれのディスクにタイトルが付いていますが、
朝・昼・晩に分けて聴いてみて下さいということかな。

Dylan が好きな方は、
この曲は、こうだからこのディスクに収録
というようなことを考えながら聴かれるのだと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Tedeschi Trucks Band / Live From The Fox Oakland [Music]



img0110.jpg
Tedeschi Trucks Band
Title: Live From The Fox Oakland
Date: 2016/09/09
Venue: Fox Theatre, Oakland, CA
Produce: Derek Trucks
Recoded: Bobby Tis
2CD + 1Blue-ray( 97mins+19mins )
★★★★★★★☆☆☆


映像は、ライブの映像だけではなく、
所々の曲間に、適度な長さで取材映像を織り込み、
エンドロールでは楽屋でみんなが歌う
Dylan の You Ain’t Going Nowhere シーン
( Chris Robinson も出てきた)もあり、
その映像を楽しむことができる作品に仕上がっていました。

ライブは、皆さんご存知の
Tedeschi Trucks Band の音でした。
コーエンの Bird On Wire をカバーしており、
Trucks のギターソロを楽しみにしていたのですが、
Tedeschi が淡々と歌うだけで面白くなかった。

img0111.jpg

ゲストの Alam Khan との Jam では、
Derek はレスポールを持ち、
心地良い掛け合いを楽しめます。

ちなみに、
日本盤は、Blue-ray 映像が
付いていませんのでご注意を。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Buckingham Nicks [Music]


img0106.jpg
Buckingham Nicks
Produce: Keith Olsen
Recorded: Sound City, Los Angles
Album Design: Jimmy Wachtell
Photography: Jimmy Wachtell
Release: オリジナル 1973
紙ジャケット仕様
★★★★★★★☆☆☆


以前に LP で紹介した記憶もありますが、
やっと、CD 化されました。

録音には、Jim Keltner, Waddyも参加しています。
今回は、ボーナストラックとして、
11 曲が追加収録されています。
13 曲目から 18 曲目は、
Lindsey の父親のコーヒー農園の
地下スタジオで録音され、
コーヒー・プラント・デモと言われているようです。

これらの曲は、その後、Stevi のソロや、
Fleedwood Mac でタイトルなどを替えて収録されました。

img0107.jpg

最後の Live 音源は、本作が唯一売れたアラバマで
74 年に行われたライブ音源です。
音質も今ひとつで、本作を売るためのおまけかな。

いや、この頃の Stevi は可愛いですね。
私のアイドルでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る