So-net無料ブログ作成
検索選択

Bruce Springsteen / 2008.08.23 [Bruce]



img0172.jpg
Bruce Springsteen
Date: 2008/08/23
Venue: Scottra Center,ST.Louis
Recorde: John Cooper
Mixed: Jon Altschiller
Additional engineering: Danielle Warman
Post-Production: Brad Serling and Micah Gordon
Production supervisor: Toby Scott
Artwork design: Michelle Holme
Phot: Guy Aceto
Tour Director: George Travis
3CDR
★★★★★★★★☆☆


Bruce の Archive 音源も全て CDR で
購入しているので、本作も迷わず購入でした。
(これで 12〜13 枚目ぐらいだと思います)

まだ Clarence Clemons が存命なので、
やはり、Sax の絡みが素晴らしく聴こえます。

img0173.jpg

全体的に演奏はリッラクスムードなのですが、
そこは流石 Brcueです。
そういうムードでありながらも、
素晴らしい Rick'n Roll が展開されています。
( Set List を見てもらえれ納得してもらえるでしょう )

早く、Tom Joad Tour の音源をリリースしてほしい。
できれば、東京国際フォーラム 01/31 がいいな。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bruce Springsteen / 2009.11.22 [Bruce]


img0081.jpg
Bruce Springsteen & E Street Band
Date: 2009/11/22
Venue: HSBC Arena, Buffalo, NY
Recorded: John Cooper
Artwork design: Michelle Holme
Photo credit: Guy Aceto
Source: 3CDR(HD Files are 24 bit / 48 kHz)
★★★★★★★★★☆


“Working on a Dream” Tour の Final Show であり、
Greetings from Asbury Park, NJ をコンプリート演奏し、
そして、Clarence Clemons が
E Street Band と演奏した最後の日。

それだけで十分じゃないですか。
涙なくしては聴けません。

すべての E Street Band Fan のための音源です。
Big Man 安らかに。

img0082.jpg

Bruce Springsteen – Lead vocal, electric&acoustic guitars, harmonica
Roy Bittan – Piano, electric keyboards
Clarence Clemons – Saxophones, percussion, vocal
Charlie Giordano – Organ, electric keyboards
Nils Lofgren – Electric and acoustic guitar, pedal steel, vocal
Garry Tallent – Bass
Soozie Tyrell – Acoustic guitar, violin, percussion, vocal
Stevie Van Zandt – Electric guitars, mandolin, vocal
Max Weinberg – Drums; Curtis King – background vocals and tambourine
Cindy Mizelle – background vocals and tambourine
Curt Ramm – trumpet



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bruce Springsteen / Philly [Bruce]



img20170104_20464137.jpg
Bruce Springsteen & E Street Band
Date: 2016/09/09
Venue: Philadelphia,Citizens Bank Park
Recored: John Cooper
Photography: Jim Marchese
4CDR
★★★★★★★★★☆


伝説の Show がやっと到着しました。
アメリカ公演の最長 Play 時間を
記録した日の音源です。

New York City Serenade が Opener とは。
ここからラストの Jersey Girl まで、
インターミッションなし、
4 時間を超す Rock'n Roll Show。
Bruce の体力と声の力には脱帽です。

img20170104_20474564.jpg

演目も、From Small、Loose Ends などの珍しい曲から、
Classic な Candy's Room、Racing In The Street、
そして、ご当地なので、Streets Of Philadelphia を
演奏するあたりは、Bruce の人柄がよくわかります。
そして Vini Lopez も 2 曲でゲスト参加しています。

昔に比べると、どの曲でもソロプレイが増えました。
私にとっては、大歓迎な Play Style です。
これぞ大人の Rock Band だと実感できました。

この公演を生で観た私の友人は、
夢のような 4 時間だったと思います。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bruce Springstee / 2016.05.27 - Croke Park,Dublin,Ireland [Bruce]



img0004.jpg
Bruce Springstee
Date: 2016/05/27
Venue: Croke Park,Dublin,Ireland
Recorded: John Cooper
Photography: Joel Bernstein
3CDR
★★★★★★★★☆☆


先日、レコード店で未開封で
廉価になっていたので購入しました。

別の公演が何枚かあった中で、
この日をチョイスした理由は、
Back In Your Arms, Tougher Than The Rest
Roulette, Jungleland といった曲
を Play してたからです。

観客のノリも良く、E Street Band の演奏も素晴らしい。

River Tour でありながら、
この時期になると 9 曲しか Play していません。

そして、ひとつ気付いたことが。
生で聴けばそんなことはないと思うのですが、
あんなに好きだった Born To Run を聴いても
自分には高揚感が生まれないのでした。

img0005.jpg

今の Bruce と E Street Band を体現した
演奏なのだと思うのですが、妙に落ち着いた演奏で、
この曲の根底にあるテーマが、私には響いてこなかった
ということなのかもしれません。

それにしても、オフィシャルサイトで発注した
伝説の日の音源が、Ship メールがあってから
40 日も経つのに、まだ届かないけど、
気長に待つことにしましょう。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bruce Springsteen / Rock In Rio Lisbon [Bruce]

IMG_6709.JPG
Bruce Springsteen
Date: 2016/05/19
Venue: Rock In Rio Lisbon
Source: youtube
★★★★★★☆☆☆☆


この映像も、週末に観ました。
Festival なので仕方ないかもしれませんが、
古い曲ばかりで、面白みに欠ける Showでした。

私だって、古い曲は全部好きですが、
今の Bruce の曲だって素晴らしい曲が
たくさんあるのだから、
今の Bruce を観せて欲しいと私は思います。

Bruce Springsteen & E Street Band を
観たことがなかった若者たちへの
プレゼント的 Set List だったのだと思うことにします。

IMG_6710.JPG

と思う反面、
初めて、River の映像を観て涙した頃は、
映像を VHS に録画して擦り切れるほど観ていました。
それを思えば、無料で、2 時間半のステージを高画質で、
体感できる今の時代に感謝すべきなのだと思います。
贅沢を言ってはいけませんよね。

IMG_6708.JPG
↑ 今でも元気一杯の Nils も素敵です。

皆さんは、Bruce の代表曲が詰まった
この映像もご賞味ください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bruce Springsteen / Born To Run [Bruce]

B1.jpgB2.jpg
Writer: Bruce Springsteen
Title: Born To Run
Release: 2016/09/20
Pages: 713
Price: 2,400 yen × 2
★★★★★★☆☆☆☆


09 年の Super Bowl に出演した後から
書き始めて、約 7 年をかけて、
自分の半生を振り返った Bruce 本人が書いた自伝です。

発売以来、週末に自宅でゆっくりと読み進めました。

最初から、下巻の近年のことにだけ
興味があったせいもありますが、
これまで、多くの本や本人のインタヴューなどを
読み漁ってきた私にとって、上巻は退屈な内容でした。

7 年かけて書いてきたせいか、
本人の病気のせいか、
章によって内容の濃さ(集中度)が全然違う。
自伝ということもあるので、家族のこと、
特に父親と Bruce の関係について、
パティのこと、自分の病気のことを
熱心に語り、作品については、
私が期待しいたほど多くを語ってくれていませんでした。

クラレンス、ダニー、ジェイクのことなどを
語った章は、興味深く読むことができました。

Bruce らしい饒舌な語りと文章は、
とても彼らしい表現方法で、これまでにない
自伝の語り口だったと思います。

しかし、頭の悪い私にとっては、
こういう哲学的な表現は理解しづらいので、
もっとストレートな書き方をしてくれないと、
読んでいて辛いというのが正直な感想です。

一方で、作詞をしている方にとっては、
この本にたくさんのヒントがあると思いますので、
読んでみる価値がある作品だと思います。

Dead Heads の方には、
ぜひ、下巻のあるページを
読んで欲しいなと思います。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bruce Springsteen / Chapter And Verse [Bruce]

img045.jpg
Bruce Springsteen
Title: Chapter And Verse
Produce: Bruce Springsteen
Remastered: Bob Ludwig
Cover Photography: Frank Stefanko


2009年、Super Bowel のハーフタイムショーに
出演した後ぐらいから書き始めた自伝。

その自伝に合わせて、
Bruce 本人が Choice した曲
を収録されたのが本作です。

img046.jpg

自伝は来週に発売されるようですが、
できれば同日に発売して欲しかったな。

本作を聴きながら、Bruce の自伝を読む時間を
早く持てることを楽しみにしています。
自伝を読みながら、本作を聴くことで、
初めて本作の講評ができるかなと思います。

1 曲目から 5 曲目までは未発表の曲で、
Castles、Steel Mill 、Bruce Springsteen Band
の曲を収録していますが、これだけ単独で聴いても、
なんだかピンときませんし、良い演奏でもないです。
自伝の時代に合わせて収録してくれたという感じだと思います。

IMG_5939.jpg

それ以降の曲は、普通に発売されている音源です。
Growing' Up だけは、オリジナルアルバムの音でなく、
Tracks の音を使用しているようです。

ただ、本作を聴いただけだと、
自伝に合わせて、これらの曲に新たに息吹を吹き込んで
再録しても面白かったのではないかなとも思います。
なので、本作も、Bruce をこよなく愛する人が
購入すれば良いと思います。

Bruce.jpg
↑ カレンダーは 09/30 になってますが、もう発売されています。

Happy Birthday Bruce !

番外編
IMG_5947.jpg
いつもにお世話になってるからと頂きました。
とてもあま〜い Rum なので、
ブラックコーヒーに入れて飲むのがよさそうです。
ありがとう、感謝です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bruce Springsteen / The River Tour [Bruce]



img018.jpg
Bruce Springstten & The E Street Band
Date: 2016/04/05
Venue: American Airlines Center, Dallas
Manufactured: nugs.net
3 CDR
★★★★★★☆☆☆☆

The River Tour の音源を
まだひとつも購入していませんでした。
昨日、近くのレコード店で未開封の本作が
廉価で置いてあったので、購入してみました。

この Tour 前半は、River を完全演奏してから、
その他の曲を演奏しており、本公演もその流れですが、
最近は、River の曲は全曲演奏するけど、
曲間に他の曲を入れ込んだ演奏に変化しています。
そのうち、このパターンも 1 公演は、
購入しようとは思っています。

演奏というと、そりゃー、E Street Band なので
問題ないし、相変わらず、良い演奏だと思いますが、
どうも、昔みたいには熱くなれない自分がいることも発見。

img019.jpg

Born To Run、Thunder Road を聴いても
Bruce の歌い方には、以前のような鬼気迫るような
緊張感を感じられないのです。
( 時代は流れているし、これだけの成功を得てしまえば、
当然かもしれません )

The River は、しんみりと、心の中で 、
Bruce と一緒に歌いたい曲なのに、
聴衆が合唱してしまうのは ? でした。

期待どおりの演奏ですが、
ドキドキ感やインスパイアーされるものはありませんでした。
それでも生を聴けば、印象は違うと思いますが。


番外編
街の噂では、来年来日なんて話を数人から聴きました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bruce Springsteen / The Christic Institute Benefit [Bruce]


bs901116_01.jpg
Bruce Springsteen
Title: The Christic Institute Benefit
Recording and front of house mix: Bruce Jackson
Technical support for Bruce Springsteen: Kevin Buell
Project supervisor: Toby Scott
Audio transfer engineer at Thrill Hill Studio, NJ: Rob Lebret
Sourced from DAT (16 bit / 44.1kHz); Mastered to DSD;
Output to PCM at 24 bit / 192 kHz. DSD files are DSD64.
Mastered at Gateway Mastering, Maine: Adam Ayan
Art Direction: Michelle Holme
Date: 1990-11-16 &17
Venue: The Shrine,Los Angels,CA
Fee: $15.95
Source: Flac (3 Disc)
★★★★★★★★☆☆


90 年 11 月に行われた Benefit Show。
今回、2 日間のコンプリート音源をリリースしてくれました。
私は、Flac で購入しました。

Brilliant Disguise からスタートする Acoustic Set。
当時は、まだ Tom Jord がリリースされていないので、
やはり、Nebraska からの Choice が多くなっています。

Mansion On The Hill、Reason To Believe
My Father’s House、Atlantic City
Nebraska、State Trooper

こうして聴いてみると、Nebraska が
実に素晴らしいアルバムなのかを
証明してくれています。

Thunder Road、My Hometown、Real World は、Piano 演奏。

この他、ダブりのない曲は、
Soul Driver、The Wish
Tougher Than The Rset
Wild Billy’s Circus Story
特に、The Wish を演奏してくれているのは、感涙ものです。

57 Channles もオリジナルよりも、
この Acoustic 演奏の方がしっくり来ました。

両日ともアンコールの
Highway 61 Revisited と Across The Borderline。
この演奏には、Bonnie Raitt と Jackson Brown が 参加しています。
Bonnie Raitt の Slide Guitar が心地良いです。


Set List
11/16
Brilliant Disguise / Darkness On The Edge Of Town
Mansion on the Hill / Reason To Believe / Red Headed Woman
57 Channels (And Nothin' On) / My Father's House
Tenth Avenue Freeze-Out / Atlantic City
Wild Billy's Circus Story / Nebraska / When The Lights Go Out
Thunder Road / My Hometown / Real World
Highway 61 Revisited / Across The Borderline
11/17
Brilliant Disguise / Darkness On The Edge Of Town
Mansion on the Hill / Reason To Believe / Red Headed Woman
57 Channels (And Nothin' On) / The Wish
Tougher Than The Rest / Tenth Avenue Freeze-Out
Soul Driver / State Trooper / Nebraska
When The Lights Go Out / Thunder Road / My Hometown
Real World / Highway 61 Revisited / Across The Borderline



番外編
IMG_3460.jpgIMG_3459.jpg

IMG_3448.jpgIMG_3447.jpgIMG_3446.jpg

IMG_3457.jpgIMG_3458.jpg


IMG_3451.jpgIMG_3452.jpg


IMG_3461.jpgIMG_3456.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

本日の頂き物 [Bruce]


IMG_3509.jpgIMG_3511.jpg
今年の 2 月にも、The River Tour を
観に行っていた旧友から
今度は、Europa Tour Tee が届きました。
The River Tour に参戦していないのに、
これで Tour Tee 3 枚目です。
わが友に感謝します。

IMG_3477.jpgIMG_3478.jpg

今回も Tour 観戦中の写真がたくさん送られてきたので、
少しずつ紹介していきます。

IMG_3473.jpgIMG_3474.jpgIMG_3471.jpgIMG_3472.jpg


地元の人曰く、Glasgow が
こんな晴天になるのは奇跡らしい。


IMG_3464.jpgIMG_3467.jpgIMG_3476.jpgIMG_3465.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る