So-net無料ブログ作成

最近の読書 [Book]



最近、本の紹介をしていなかったので、
まとめて掲載しておきましょう。


51w7lO7Q5NL.jpg
ジェフ・バッサン著
メジャーリーグの投手に支払われている
多額な報酬と、そこに潜む、
投手の肘の故障との因果関係を
いろいろな角度から分析した図書です。
トミーリー・ジョンズ手術とは、
果たして投手にとってどんな影響を
与えているのかも理解できました。


418FCsRor9L._SY180_.jpg
マイクル・コナリー著。
地中深くに掘られた拷問部屋
無数の血痕が物語る、連続殺人犯の悪魔のような手口。
途中で犯人は分かりましたが、
犯行理由は、最後まで紐解けなかった。


61sye-Sw8sL.jpg515N17a7QAL.jpg
Michael Connelly 著
コールドケースを担当する、
ハリー・ボッシュという刑事を主人公にしたシリーズ小説。
このシリーズは、アマゾン・プライムでドラマが
公開されているようなので、そのうち時間でできたら観よう。


51iz90IVJEL.jpg
Lee Child 著
知らないで読んだら、
トム・クルーズが主人公を演じた
ジャック・リーチャーの小説でした。
これは、映画化するには地味な物語ですが、
読書している分には問題なしでした。










nice!(0)  コメント(0) 

ロック豪快伝説 / 大森庸雄 [Book]



61hS76pIsLL.jpg
著者: 大森庸雄
Title: ロック豪快伝説
Source: Kindle版
Release: リットーミュージック (2017/01/20)
Price: 800 円
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆


読みたい本が見つからず、咄嗟に購入しました。
読んだら、9 割は知っている話でした。
音楽好きの皆さんなら、知っている話も多いはず。
知らなくても読む価値があるかどうか・・・・

ただし、2637 ページに
「他にも UFO に遭遇したミュージシャンは、
グレイトフル・デッドのジェリー・ガルシア」
と記載されていたので、そこは評価します。



番外編
Fes 情報

eb2e8963-2a69-46aa-8e19-69de5db05846.png.jpeg


3a7c22d1-48ae-4658-8894-c32513b8a316.jpg


045a0517-d6bc-4de4-bbdb-f8d7bf569824.jpg


jc16_announce_header.jpg

Millennium / The Girl in the Spider's Web [Book]



61W2drApRRL.jpg61uvWCBm7NL.jpg
Millennium / The Girl in the Spider's Web
Writher: David Lagercrantz
Source: Kindle
★★★★★☆☆☆☆☆


Millennium シリーズは、
3 作目までを書いた原作者が亡くなり、
この 4 作目は、出版社から依頼された
ダヴィド ラーゲルクランツが引き継ぐ形で
シリーズが続くことになりました。

登場人物をよく研究して、巧く物語を続け、
本作もベストセラーになったようですが、
前 3 作と比較して、何か物足りなさを感じました。

結末に向かう過程が、どうも謎解きというよりは、
簡単にことが進み過ぎて、その過程を読者が読まされている
という印象を受けました。

ハリウッドでの映画化は、
この 4 作目が先になるようです。


Cancussion [Book]


51qLAguuY1L._SY346_.jpg
Cancussion
Writer: Jeanne Marie Laskas
Source: Kindle
★★★★★★★☆☆☆

NFL スティーラーズの伝説、
マイク・ウェブスターの脳を司法解剖し、ある異常を発見する。
NFL と脳震盪の関係にメスを入れ、勇気ある行動に出た
ナイジェリア生まれで、
アメリカで監察医となったベネット・オマル。

本作は、本人が書いたものではありませんが、
オマル本人の証言を基に忠実に真実を告げています。
脳震盪だけではなく、巨大産業の裏側、人種差別問題
などが複雑に絡み合っています。

この本を読んでしまうと、間違いなく、
アメフトの危険性を案じてしまうようになります。

本作は、ウィル・スミス主演で映画化されましたが、
制作中から NFL との軋轢が報じられ、
良い演技をしていると評価されているスミスですが、
2016 年の「白すぎるオスカー」の犠牲になったと言われています。
( 我が家の近くの劇場で来週から上映されるので、
観に行こうと思っています )

明日は、Super Bowel です。
私は、ファルコンズを応援します。

2016年総括 / Book [Book]


Panama.jpg

昨年も、あまり読めなかった。
自分に課している年間冊数の 24 冊
をギリギリクリアーでした。

あまり心に残る本もなかったのですが、
Panama Pepers は面白かった。
映画のシナリオかと思うぐらいの緊迫感。
現実なのか空想なのかわからなくなるぐらいでした。

この本では、日本人が一人も扱われていませんでしたが、
NHKのドキュメンタリーを観たら、
日本人もリークされており、この問題は、
今もなお世界中でリークされているようです。

今年はもっと面白い作品に出会えますよーに。
それには沢山読まないといけませんね。


The Loch Ness Legacy / Boyd Morrison [Book]



N1.jpgN2.jpg
The Loch Ness Legacy
Writer: Boyd Morrison
Source: Kindle
Release: 竹書房
★★★★★★★☆☆☆

THE ARK 失われたノアの方舟、
THE MIDAS CODE 呪われた黄金の手、
THE ROSWELL 封印された異星人の遺言、
に続く、タイラー・ロックシリーズ第4弾 です。

ジェットコースターのような疾走感と鬼気迫るアクション、
胸が躍るような歴史的な薀蓄と先読み不能の頭脳戦に加え、
新しい乗り物、新しい武器、新しい小物を
毎回登場させる手腕は、ジェームス・ボンド、ラングストン、
インディアナ・ジョーンズ の美味しいとこどり
の作品だと思いますが、とても気楽に楽しめる作品です。

次回作にも期待したいし、
いつか映画化されるんじゃないかな。





The First Fifteen Lives Of Harry August [Book]

513QoFA1X4L.jpg
Writher: Claire North
Title: The First Fifteen Lives Of Harry August
315 Page( Kindle 1,800 円)
Release: 2016/08/25 (Kadokawa)
★★★★★★☆☆☆☆


たまには読書感想文を。

死んでも、死んでも、繰り返す人生。
このテーマは、本にしろ映画にしろ、
これまでもいろいろなタッチで
数多く作品化されてきました。

本作は、その中でも、少し毛色が違うタッチで
語られた作品になっていると思います。

何だろうとどんどん物語に引っ張り込まれましたが、
後半はだんだん退屈になり、私的には、ラストは納得いかなかった。

それでも映画化されたら観てみたい作品です。


The Cartel / Don Winslow [Book]

C2.jpg
Don Winslow
Title: The Cartel
1,223 Page
Release: 2016/04/23(Kadokawa)
★★★★★★☆☆☆☆

Don Winslow の作品は、これまでに何冊も、
本ブログで紹介してきたし、大好きな作家なので、
本作がデジタルで発売になり、
すぐに読みたいと思いましたが、
前作「犬の力」を読んでいなかったので、
こちらのデジタル化を待っていました。

しかし、デジタル化されないので、
先に、本作を読み始めましたが、
内容については、違和感なく読み進められました。

C1.jpg

本作は、登場人物の性格、敵対する組織の抗争、
各組織とアメリカ・メキシコの政府や軍隊とのやりとり、
これらを取り巻く周囲の人々との関係などを
詳細なディティールで語っていますが、
私は、性格上こうしたタイプの作品を
読み進めていくのが苦手なので、
どなたも大絶賛している本作ですが、
私は、みなさんが絶賛するほどには、
楽しめませんでした。

しかし、各章の冒頭に詩などを配置しており、
その一つに、Bruce の作品の一編が
取り上げられていたので、
それだけでも満足してしまいます。
これまでの作品からしても、
著者は、Bruce が好きなのだろうと思います。

結局本作はも、おそらく人間がいる限り永遠に続くであろう
麻薬戦争の一部の歴史を語った作品ということになるのでしょう。

巷の評価をみると、ふたつの作品でひとつをなしているという
書き方をしているので、「犬の力」がデジタル書籍で
発売されたら読んでみることにしようとは思っています。



Rock Between The Lines / Peter Barakan [Book]


img965.jpg
Writer: Peter Barakan
Title: Rock Between The Lines - Songs With A Conscience
Publication: 集英社インターナショナル
Price: 1,500円
★★★★★☆☆☆☆☆

Peter 氏の出版作品は、ほとんど購入しているので、
本作も中身を見ずに、ネット注文でした。

本作でも、いつものように、
身になる英語を学ばさせてもらいました。

こうした本にするには、
アーティスト側の許可もいるようで、
本作に掲載できなかった作品もあり、
お金をとって、作品を世に出すのは、
私が知らないところで、多くの
苦労があるのだなとは思います。

Peter's World といえば、それまでですが、
本作で氏がチョイスした作品群と
私の好みとは、かなり乖離したものでした。

今回は、この本の流れから、中身については、
触れないことにします。
皆さんは、書店で中身を見てから、
購入のご判断をしてください。




The Girl On The Train [Book]

G.jpg
The Girl On The Train
Writer: Paula Hawkins
★★★★☆☆☆☆☆☆


昨年、読みたい作品が見つからなくて本作を読みました。
つまらないので、紹介していなかったはずです。

しかし、本作が映画化されたのを知ったので、
少し書いておきたいと思います。
ハリウッドも、ネタによっぽど困っているのかなと
思わずにはいられません。

上巻は、退屈の極みで、
下巻になって物語の進展は早まりますが、
犯人がわかる過程は、それはないんじゃないと
思わずにはいられませんでした。

私は、日本で本作が公開されれば、
この作品がどのように映像化されたのか、
その結果がある意味気になるから、
映画を観ると思いますので、
その時に、また感想を書きたいと思います。


番外編
誕生日プレゼント 6・7
写真はありませんが、後輩が、
いつもの美味しいチョコロールケーキをくれました。

また、お世話になっているお寿司屋さんでは、
黒霧島を1本頂きました。

皆さん、今年も本当にありがとうございました。



メッセージを送る