So-net無料ブログ作成
検索選択

The String Cheese Incident / Believe [SCI]



img0134.jpg
The String Cheese Incident
Title: Believe
Produce: Jerry Harrison
Recoded: SCI Sound Lab,Boulder,CO
Cover Photo: Brian Shady
Design& Art Direction: Mark Berger
★★★★★★★★☆☆


SCI の新作です。
CD の発売前から、Free で 4 曲を
DLさせてくれていたし、
Live でも演奏されている曲ので、
新作なのに馴染みを持って聴くことができました。

img0135.jpg

正直、収録曲が 9 曲というのは、
物足りなさを感じますので、
その点はマイナスですが、
楽曲自体は、とても良い出来だと思います。

Combo Set で購入しましたが、
ちょっと無駄使いだったかなと反省。

IMG_8712.JPG

LP はオートグラフ入りを購入しましたが、
彼らのオートグラフはすでに持っていたし、
T-Shirt のデザインも良くないので、寝巻きになってしまう。

IMG_8714.JPGIMG_8716.JPG

Winter Cap は絶対に被らないし、
LP の Slipmat も使用しないからね(笑)。

IMG_8715.JPG

結果、普通に CD と LP だけを
購入しておけばよかったのです。
まあ、これもお布施ということで。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

最近の空輸便 / DMB, Los Muertos con Queso [SCI]

IMG_8545.JPG
最近は、これにお茶を入れて、会社に持って行ってます。


IMG_8546.JPGIMG_8547.JPGIMG_8555.JPG
Tour Poster を Playing Card にした Series 7。
我が家には、Series 6 だけ買い忘れてないから
どこかで見つけなければ。


IMG_8551.jpg
色とシンプルさ、廉価だったので購入しました。



今年1月、Phish の Show の後に、
SCI や Dead の Bobby, Bill などが参加した、
Los Muertos con Queso が Barcelo で開催されました。

Los Muertos (死者の日)は、Day of the Dead。
con Quesoは、Chili が 付けば、チリコンケソなので、
con Quesoだけだと"溶けたチーズ"の意味なのかな。
要するに、Grateful Dead & String Cheese Incident
を現したインベンだと勝手に解釈してみました。

メキシコぽい Skull のデザイン、
色合いが気に入って色々と発注しました。

IMG_8558.JPGIMG_8559.JPGIMG_8560.JPG
T-Shirt は Back にワンポンイトデザイン。


IMG_8561.JPGIMG_8562.JPGXZCMLM01.jpg
Hoodie は、裏生地にまでデザンイを施しているのと
袖にワンポンイントあるのが、お気に入り。
ただしかなり、重たい Hoodie です。


IMG_8556.JPGIMG_8557.JPG
Koozie と Patch も購入。
Koozieは、灰色の箇所が縫い付けてあり、
ポケットになっているのが良いです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

String Cheese Incident / Los Muertos con Queso [SCI]

2017_01_26 - Riviera Maya, MX (Disc 1).jpg
String Cheese Incident
Date: 2017/01/26,27,28
Venue: Riviera Maya Barcelona
Source: Live downloads MP3
★★★★★★☆☆☆

Phish の Riviera Maya より
こちちが先にアナウンスされていたら、
参戦していたであろう"Los Muertos Con Queso"
まとめ買いは安いから、SCI 3 日分($25.35)を DL しました。

Lester Had a Coconut が Opener の初日。
そして最後は、くっー、Rollover ですよ。
あのロケーションを思い浮かべ聴くと、
ばっくりはまります。

SCI 3日間、Bill & Bobby 3日間
プラス、Chris Robinson、至福だろうな。

LMCQ2017_0126_232815-4586_ALIVECOVERAGE-1.jpg

Phish と同じ会場だけど
後方にはディッキチアーが置いてあり、
Phish Phanより落ち着いた感じがする客層。

今 Riviera Maya では、MMJ がやってるし、
これから WSP, Dave & Tim もある。
Riviera Maya はまだまだ暑い。

来年もやってくれないかな。

LMCQ2017_0125_215804-2995_ALIVECOVERAGE.jpg

Set List

SET ONE
01 LESTER HAD A COCONUT 7:12
02 JUST LIKE TOM THUMB’S BLUES 6:14
03 BORN ON THE WRONG PLANET > 3:08
04 SUNSCREEN JAM > 9:22
05 DON’T IT MAKE YOU WANNA DANCE 7:46
06 FALLING THROUGH THE CRACKS 6:56
07 LITTLE HANDS > 13:25
08 RESTLESS WIND 10:59

SET TWO
01 BELIEVE 5:53
02 WAY BACK HOME 17:07
03 MISS BROWN’S TEAHOUSE 12:20
04 VALLEY OF THE JIG 13:17
05 LOOKING GLASS> 13:31
06 JESSICA > 7:15
07 ROLLOVER 15:26


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

String Cheese Incident / Electric Forest 2016 [SCI]



160624_MP3Artwork.jpg
String Cheese Incident
Date: 2016/06/24-25
Festival: Electric Forest
Source: youtube
24日 ★★★★★★★★☆☆
25日 ★★★★★★★☆☆☆


毎年恒例の Electric Forest。
先週末も映像探索をしていたら発見しました。
3 日間の Fesですが、最終日を除く 2 公演を
観ることができました。

160625_MP3Artwork.jpg

25 日は土曜日ということもあり、
Second Set は、ド派手な演出で、
( Phish は、こういうサービスはあまりないのですが )
Prince と David Bowie の曲を交互に入れた演奏、
全体的にもファンキーでスペーシーなセットを展開しています。
これはこれで Cheese の良いところでありますが、
私は、24 日の Show の方が性に合っていました。

無料で観られるので、皆さんも
心地良い Cheese の演奏をご堪能ください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

String Cheese Incident / Suwannee Hulaween  [SCI]



sci161030.jpg
String Cheese Incident
Title: Suwannee Hulaween
Date: 2016/10/29
Venue: Live OAK, FL
Source: Official Flac
Price: $16.95
4CDR
★★★★★★★☆☆☆


今年の SCI の Suwannee Hulaween。
感激はしないけど、やはり Second Set は面白い。
80 年代のヒット曲を取り上げました。
現場で聴いたら、もっと楽しんのだろうな。

その他の演奏は、可もなく不可もなしですが、
楽しいことが一番だと思います。

img.jpg

Second Set

Stringier Things Intro (2:16) 

Would I Lie To You (4:58) 


Should I Stay Or Should I Go (3:52) 


Upside Down (5:15)

She Blinded Me With Science (5:52) 


Let's Groove Tonight (5:22) 


White Wedding (9:37) 

Stringier Things Interlude (1:46)
Sweet Child O' Mine (6:33)
Love Shack (6:44) 


Stringier Things Interlude (1:00) 

Another One Bites The Dust (1:42) 


White Lines (1:42) 


The Safety Dance (1:19) 

Come On Eileen (:43) 


Relax (1:42) 


Thriller (:43) 


Never Gonna Give You Up (:47) 


Don't You Want Me (4:22) 

Group Hoot (1:06) 

Burning Down The House (6:46)


番外編
だから、これも行きたいなー。
すごく楽しそうな企画です。

メヒコ.png

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

The Allman Brothers Family Incident [SCI]



2016_08_12 Scranton, PA (Disc 1).jpg
The String Cheese Incident ( The Allman Brothers Family Incident )
Date: 2016/08/12
Venue: Peach Festival, Scranton,PA
Source: MP3
Price: $9.95
★★★★★★★★★☆

テーパーの方の音源をいただき、
聴いてみたら、すぐにオフィシャル音源も
欲しくなり購入してしまいました。

Peach2016-Additions-1200px-1000x1500.jpg

Kool & Gang Incident, Dobbie Brothers Incident、
と続き、今年は、The Allman Brothers Family Incident 。

これまでで一番良い Incident だと思います。
ABB の曲は、もちろん、
Outside And Inside 、The Mighty Quinn なんかは、
これまでにない Cheese の音になっていて、
演奏にぐいぐいと引き込まれていきます。

peach-singleday-900x600.jpg

Second Set の演奏も
やっぱり、こういう演奏を聴くと、
来年は Chssse を観たいと思うのです。




ENTIRE SET 1 with Scott Sharrard (guitar)
Statesboro Blues with Jaimoe (percussion)
Midnight Rider with Jaimoe, Marc Quiñones (percussion)
Trouble No More with Jaimoe (percussion) ,
Lamar Williams Jr. (vocals), Bruce Katz (keyboards)
Melissa with Bruce Katz (keyboards)
Outside And Inside with Marc Quiñones (percussion)
Ain't Wastin' Time No More with Butch Trucks (drums),
Oteil Burbridge (bass), Jack Pearson (guitar), Bruce Katz (keyboards)
The Mighty Quinn with Butch Trucks (drums), Jack Pearson (guitar),
Bruce Katz (keyboards)
Jessica with Butch Trucks (drums), Oteil Burbridge (bass),
Jack Pearson (guitar), Bruce Katz (keyboards)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

String Cheese Incident / SCI Sound Lab, Volume I [SCI]



SCI Sound Lab, Volume I.jpg
String Cheese Incident
Title: SCI Sound Lab, Volume I
DL: Free MP3
★★★★★★★★☆☆

New Song を 4 曲プレゼントしてくれました。
どの曲も、私は、すぐに大好きになりました。
お礼に、これらの曲が演奏されている
Live 音源を購入しようと思っています。
ジャケットも綺麗ですね。
Thank You SCI !


Show Note
Hey All of You Freaks-

In May of 2015, the band rented a house in beautiful Sedona,
Arizona and spent a week there hanging out and writing songs.
We were all feeling especially reconnected to SCI
and in a creative space, and sometimes it gets harder and
harder to find those moments.
So we felt the need to block out a week to get together
in some remote part of the country.
It proved to be a really productive week –
we wrote and worked on over 20 songs!

As this was happening, we were in the process of building
a studio in our home state of Colorado.
We have been a band for 20 years now,
and it was about time to have a real creative hub
where we could gather easily to record new songs,
write, hang out, etc. If we had a studio,
we could track new songs instantaneously and
get them out to you a lot quicker.
When we released “Song In My Head,”
we just felt like a lot of the steam was let out
when we had been playing the songs for months,
if not years prior to the album release.
As a band it is always exciting to play them
for you when they are really new,
or at least not already staples in the repertoire.

We have been fortunate over the years
to be able to live a bit outside
the traditional model of releasing music.
Whether it was releasing all of our live shows or
having our own record label, SCI Fidelity,
to release our own music and bands we love,
we feel really lucky to have been able to
make our own rules. Recently,
we’ve been looking for an alternative to the normal
and sometimes arduous process of releasing an album.

So, today, we are excited to announce
“SCI Sound Lab” which will be our hub for releasing new music.
The concept behind the lab was to create a home
for our creative experimentation.
We are starting by releasing, for free, three studio tracks
that we recently worked on with Jerry Harrison.
Two of these are first time recordings,
Kang’s “Believe” and Billy’s “Down a River,”
and one is a song we have been playing for
a bit, Keith’s “Sweet Spot.”

In the coming months we are going to be
releasing a bunch more music and other treats.
We have six more studio tracks we recorded with Jerry
that will be coming out very soon.
But, the SCI Sound Lab is intended to be a place
where we can continue to experiment with
a wide array of different recording concepts.
One day, we might put up demos of new songs we are working on.
The next, we might put up some dance remixes
of previously released songs.
We will also be going into the archives to find
some band selected live material.
The exciting part is that this will be a
completely open space for creativity.
The aim is to create a vehicle for open expression –
for us and our friends, guests,
and even other musicians recording on their own –
so that we can share more and more music with you,
as easily as possible.

We know we are not re-inventing the wheel here.
We’ve just grown a bit tired of not giving you guys more music,
quicker and in a more efficient way.
We are sort of making up the rules as we go.
Will the music always be free? We are not sure.
In a few weeks we are going to be announcing a pre-order
that will feature the new music in different configurations
than we are putting out today.
Are we abandoning ever releasing an album in physical format?
No. We are going to be compiling songs and
releasing in vinyl and CD formats at some point down the road.
The music will also be going up on services like Spotify.
For now, we just wanted to get this music out to you
so you can check out what we are up to.

These are exciting times in the SCI world.
So, here are three songs for your listening pleasure!
We had a lot of fun recording them and
we are incredibly excited to play them on the road this summer.
We are all itchin’ for some Incidents!
Most of all, thank you for always supporting us and
for being by our side in this long journey –
we feel like the luckiest band in the world.

Much Love,

Billy, Jason, Kang, Keith, Kyle and Travis


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

String Cheese Incident /2016/06/02 - Free DL [SCI]


160602_MP3Artwork.jpg
String Cheese Incident
Date: 2016/06/02
Venue: The Caribou Room,Nederland, CO
Source: MP3
Fee: Free DL
Note: This was a performance by the members
of The String Cheese Incident under the name
Whibble at a private party for Chris Gewald's 40th birthday.


先日、たまたま見つけた音源です。
Private Party とは思えないほど、
しっかりとした Set List と演奏です。

しかも、これを無理で配信してくれるのですから、
Fan としてはとても有難いことです、感謝。

皆さんもどんどん DL して、
SCI を楽しんでください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

The String Cheese Incident / Electric Forest 3 [SCI]

img815.jpg
The String Cheese Incident
Venue: Electric Forest
City: Rothbury,MI
Date: 06.28.2015
Runtime: 200 min (Blu-ray 1Disc,Tour Gigs)
Lighting Desigher: Andrew Cass
Graphic Design: Evan Bozarth
Phot: Dylan Langlie
★★★★★★★★☆☆


3 日目は、Show の冒頭から
Yonder Mountain String Band が参加し、
Blue Grass との融合が心地よく響きます。

First Set の後半で、Keller Williams が登場、
Keller Incident での Kidney In A Cooler では、
Deep Elem Blues の Teese も聴けます。

Second Set は Drums からスタートし、
Fes のタイトルにふさわしい
Electric Cheese とも呼べる演奏を展開し、
楽しませてくれています。

img816.jpg

この日は、Two Set で 3 時間 20 分という演奏時間。
Fes でこの長さは、すごいと思うし、
Fan にとっては最高な一夜になったでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

String Cheese Incident / Electric Forest Day 2 [SCI]

img813.jpg
The String Cheese Incident
Venue: Electric Forest
City: Rothbury,MI
Date: 06.27.2015
Runtime: 177min (Blu-ray 1Disc)
Lighting Desigher: Andrew Cass
Blu-ray(Tour Gigs)
Graphic Design: Evan Bozarth
Phot: Dylan Langlie
★★★★★★★☆☆☆


Electric Forest の 2 日目です。
この日は、ノーゲストでした。

First Set の75 min の中では、
a-ha の Take On Me を Cover して遊んでいます。

この日の目玉は、Second Set の
Way Back Home > Terrapin Station > Rollover

img814.jpg

Terrapin は、サビのパートを繰り返し演奏しています。
出来れば、Way Back Home の Jam から、
一番盛り上がる"Inspiration Move Me Brightly"
へスムーズに繋げてもらえたら、もっと良かったと思います。
Rollover は、長い旅ではなく、通常ヴァージョンでの演奏です。


番外編 1
今日から、Phish のNYER が Start。
ph151231_email.jpgpht_ny2015.jpg
Webcast で鑑賞できます。
T-Shirt 付きも用意されています。


番外編 2
昨日、海外からクリスマスプレゼントが届きました。
ありがとうございます。

IMG_3044.jpg
Chargers の Hoodie は、柔らかい生地で着やすい。
どうも、Chargers の本拠地移転は、本決まりみたいです。

IMG_3045.jpg
普段、お菓子は食べませんが、
このボップコーンも食べ始めると止まらない。

IMG_3046.jpg
この Mix Trail はフルーツ系が入っており、
小分けされて入っているので、山登りに持参しやすい。


というわけで、2015 年も
" Into The Tube 2 " にお越しいただき、
誠にありがとうございました。
それでは、皆さん、良いお年をお迎えください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る