So-net無料ブログ作成
Music & Life ブログトップ
前の10件 | -

Go To Macon Part 2 [Music & Life]

CIMG2592.jpg

今回 Macon に行った、もうひとつの理由は、
Duane Allman のお墓参りでした。

CIMG2579.jpg

この場所も、友人の iPhone のナビで迷うことなく、
すんなりと発見できました。

CIMG2577.jpgCIMG2578.jpg

墓地の中まで車で行けるのですが、とても狭い道で
反対から車が来たら避けられない道幅ですが、
お墓の位置も入り口にある地図を見て、
見当をつけて進んでいくとすぐに発見できました。

CIMG2580.jpgCIMG2582.jpgCIMG2586.jpg

帰り道、対向車が来たので、広い場所でこちらが待機し、
道を譲ったのですが、目の前を過ぎると、その車には、
プリズナーが乗っており、ちょっと映画のワンシーンを
観ているような錯覚にとらわれました(中から囚人に手を振られました(笑))。

日本に戻り、H&H の Tee の土産をあげた知人に、
この話しをしたら、「俺の時もそうだった」と話していましたので、
このセメタリーは、彼らの軽作業労働場所なのかもしれません。

IMG_0252.jpgIMG_0253.jpg
Travel Center に寄り入手したフライヤー類。

img609.jpgimg610.jpg

残念ながら、セメタリーと H&H を紹介している
パンフレットは見つからなかったけど、
Big House のものを発見、
Tee をあげた知人にも 1 部あげたら大そう喜んでくれた。
Fan であるとお金をかけない土産でも喜んでくれるものです。


番外編
IMG_0283.jpg
本日の頂き物。
先日、夕食をご馳走したら、
すぐに、こうしてお返しを持ってきてくれる
心遣いを知っている若い後輩もいれば、
もっともっと面倒をみているのに、
こうした心遣いを知らない後輩もたくさんいます。
( 次の日に、ご馳走様のひとことでいいのに、それもなしです )


Go To Mecon Part 1 [Music & Life]

CIMG2595.jpg

今回の旅の 5 日目、8 月 3 日(月) に、
現地ジョージアで働く友人にお願いし、
彼の家族と一緒に、Macon を訪れました。

CIMG2604.jpg
レストランの前の通りの名前、素晴らしい

Macon に行った目的のひとつは、
昨夜、紹介した作品の本編
”Brightest Smile In Town”の前と
Bonus Track に収録された
The Gregg Allman Band at the H&H で
紹介されている “H&H” というレストランに行くことでした。

IMG_2736.jpgCIMG2597.jpg
オレンジ色は昔のメニュー、白色は現在。

そして、帰国すると、我が家に、この作品が届いており、
Blu-ray を観ていたら、ほんの数日前に、
遠い異国の片田舎にある小さなレストランで、
楽しい昼食をとった場所が映しだされたので、
びっくりでした。

CIMG2594.jpg
街並み。

しかも、私達が座った場所で、
The Gregg Allman Band のメンバーが
昼食を食べているなんてシンクロしかありません。

CIMG2598.jpgCIMG2599.jpg
座った場所から写した壁に飾られた額など。

ただし、私達が行った時にはオーナーが代わっていたので、
詳細なディティールは、映像に映っているのと異なっていますし、
フードのメニューも違っていますが、
今のメニューの方が食べやすいと思います。
( 友人の奥さんが頼んだサイドメニューの
マックチーズが美味しかった )

CIMG2600.jpg
私は、ポークの唐揚げのようなものをオーダー。テーブルにあったソースで食べたら美味しかった。付け合わせのパンもまあまあでした。

これまで一度も見たことがなかった
Macon の小さなソウルフード店を
1 週間のうちに、生と映像で観られるなんて、
人生とは不思議なものです。

この映像は、今回の旅の良い思い出として家宝となりました。

IMG_0255.jpgIMG_0237.jpg
記念に T-Shirt ($19) を 3 枚購入( 2 枚は土産 )しました。


業務連絡
Allenくんのお陰です、ありがとう!
記念に Gregg Allman Live いかがですか。

Road To Las Vegas 2013 出会い [Music & Life]



3 日目、午前中に、もうひとつのアウトレット
Premium Outlets South へ行きました。

CIMG2424.JPG
そこでこれを作りました。
1 枚は、プレゼント用に、1 枚は、自分用です。


そして、この日の夕食は、
サミー・ヘイガーのお店、Cabo Wabo Cantina へ。
CIMG2264.JPGCIMG2400.JPGCIMG2265.JPG


定番のマルガリータを飲むと、
自宅で、Cabo Wabo テキーラを
使って作ったのとほぼ同じ味でした。
CIMG2398.JPGCIMG2397.JPG

タコスとブリトーを食べましたが、
こちらは、普通の味でした。

CIMG2406.JPGCIMG2403.JPG
CIMG2409.JPG
入口には、ギターやゴールドディスクなどが飾られていました。

CIMG2430.JPG
欲しいデザインの Tee がなかったのが残念ですが、
記念に、1 枚 T-Shirt ($24) を購入しました。



img089.jpg
そして、この日の夜は、
PH に Meat Loaf の Show を観に行きました。

IMG_1866.jpg
↑ カクテルは、この Cup で作ってくれます。しっかりと記念にお持ち帰りです。

Meat Loaf を観るのは初めて。
開場前には、入口前のロビーで、
この Show のタイトルにひっかけて、
いろいろなオードブルが無料で
食べられるようになっていました。

CIMG2422.JPG

PH の Showroom も小さく、
十分に臨場感が味わえる作りとなっていました。
( 写真は禁止だったので、会場内は撮りませんでした )
ただし、トイレは会場の外に出ないといけないので面倒でした。

CIMG2432.JPG
↑ 入場する時に貰った大きめの缶バッチ。

客層は、年齢層が高く、若者はほとんどいませんでした。

Show は、演奏だけではなく、Meat Loaf が iPad を使って、
自分が出演した映画作品をスクリーンに映し出したり、
曲を演奏している時もミュージカルのような演出があり、
観衆との Q & A コーナーなどがありました。
( ちなみに、Meat Loaf は、Eagles、Bob Segar が好きなのだそうです )
Meat Loaf の声は衰えていない印象で、
演奏は十分に楽しめたし、
I'd Do Anything For Love を聴けたので満足。

CIMG2419.JPGCIMG2420.JPGCIMG2418.JPG
↑ 会場脇のグッズ売り場に飾られていた Poster。

これはこれで、Las Vegas 的で良かったと思いますが、
Meat Loaf の演奏をたくさん聴きたい方には、
満足出来ないかもしれません。





Road To Las Vegas 2013 進化 [Music & Life]

2 日目( 実際には 3 日目ですが )、
肋骨を痛めた次の日、かなりの痛みがあり、
別の用途で持って行った痛み止めが役立ちました。

CIMG2291.JPGCIMG2292.JPG

午前中から、Premium Outlets North
へショッピングに行きました。
アメリカに行った時には、
日本では入手しにくいデザインの洋服等を
仕入れるのが大好きなのです。
今回も、友人達への土産を含め、
満足のいく買い物を楽しみました。

CIMG2247.JPG
↑ 会場入口近くの看板。

午後は、カジノを楽しんでから、
今宵も Palms へ、Furthur の Show に。
今日は、インスタントライブのみ購入しました。
( 帰りに CDR を受け取る列は、昨夜より人が多かったけど、
並ぶ場所も分かっていたので、列の前の方に並ぶことに成功 )

CIMG2249.JPG
↑ 会場の入口上の看板。

今日の席は、VIP 席を購入。
Stageに一番近い、バルコニー席。
素晴らしいロケーションの席でした。
こんなに良い席なら、
昨日もこの席を購入すればよかったと後悔。
(チケットが売り切れていたわけではありません)
これで$100程度なら、満足度高しです。
( Udoが日本に招聘するアーティストのチケットは、
最近、平気で 1 万円を超えるのだから )
トイレも大きく、VIP の人専用でした。

img088.jpgCIMG2296.JPG


今夜は、20 時 25分 と、遅めにメンバーが登場。
Here Comes Sunshine からスタート。
Dire Wolf、Might As Well など、
まあまあレアな曲を演奏し、
Good Lovin’ > Sugar Magnolia という
ご機嫌なナンバーで、
69 分の First Set を締めくくり、
こちらも満面な笑みになりました。
昨夜の First Set とは違う「まったりさ」を感じました。

Unknown-1.png
↑ 右側の電光掲示板に一番近いバルコニー席でした。

Second Set はジョージの
Here Comes The Sun からスタート。
その後、Golden Road から始まる淀みない流れは、
これまた、昨夜とは違う印象の心地良さで、
正直、またまた Furthur にやられたという感じです。

img075.jpgimg094.jpg

この Band に留まるという言葉はなく、
今でも毎日進化し続けていて、
毎晩、Band の違う側面を、
観衆に見せてくれているのだと思います。

これが生演奏、ライブの凄さなのだと思います。
皆さんには、どのようにお伝えしたらよいのでしょうか。
これは、音源を聴いている時と別次元なのだと思います。
会場に足を運び、そこにいる人達と空気を分け合い、
その場のにおいを感じ、生演奏の音圧を感じなければ、
味わえない感覚なのかもしれません。

とにかく、Band の演奏する音に耳を澄ませ、
身を任せていると、別な世界への扉が開かれ、
そこで、思いのままに遊んで、遊び疲れ、
現実の世界へ戻って来るという印象です。

CIMG2331.JPG
↑ こんな感じで撮影できる席でした。

現実に戻り、
毎晩、Phil がいつものように Dinor Rap 、
1 時間 45 分の Second Set の締めくくりは、
私の大大大好きな、Ripple で、
ほのぼのと終わりました。

Band が休止を宣言した今、
( また来年、Phil や Bobby の Band
を観に行くかも知れませんが )
私が生で聴くことができた曲が、
Ripple だということは、
私にとっては、とても重要なことに思えます。
だって、この曲は、
私を Dead World へ誘った
大切な 1 曲なのですから。

CIMG2385.JPG
↑ The Dead がオバマ大統領を応援していた時のステッカーがアンプに貼ってありました。

今宵も、初めて聴いた曲が 10 曲もありました。

会場からホテルへ向かう夜道を歩いている時に、
吹いていた心地良い風が、終演後の満足感で
一杯の私の心を更に気持ち良く包み込んでくれました。

9点

Road To Las Vegas 2013 覚醒 [Music & Life]

CIMG2275.JPG
↑ 会場入り前、夕暮れ時の看板。

さて、10/01/13 の公演、18 時 30 分に会場入り。
初日は、慣例で Goods を購入しなければいけないので、
さっさと入場し、空いている売り場へ直行。

CIMG2434.JPGCIMG2433.JPG

Poster 2 枚 ( 多分 $35 ぐらい )、
Vegas 公演と Fall Tour のポスターを購入。
この他、バークリーのグリークシアター
の Poster がありました。
今回も、ポスター入れの筒はもらえませんでした。

CIMG2426.JPGCIMG2427.JPG

CIMG2428.JPGCIMG2429.JPG

T – Shirt 2 枚 ( $20 )を購入。
T-Shirt はこれ以外に Vegas 仕様のものと、もう 1 枚。
Long Sleeveは 1 種類( 色違い )、
今年の Hoodie は色もデザインも良くなかった。
Ladies の Tee を土産に買いたかったけど、
こちらもデザインが全然駄目だったので、見送り。
それと、今晩の音源を $25 で購入し、リストバンドを貰う。

Unknown.png
↑ ちょうど、この写真を撮った位置ぐらいの席でした。

会場に入ると小さくて良い感じです。
この日、センター最後列を取りましたが、
ステージまでは遠くなく、とても良く観える席でした。

img087.jpgimg090.jpg
↑ 当日のチケットとチケットを入れてもらった袋。

20 時 15 分頃、First Set がスタート。
この日は、New Minglewood Blues がオープナー。
今年の夏に、この曲のタイトルを聞かれたので、
この曲を聴いた時は、シンクロを感じました。

img074.jpg

El Paso を聴けたのは嬉しいし、
Ramble On Rose もやってくれました。
Dead 関係のライブを沢山観てきましたが、
Bertha も初めて生で聴けました。
First Set は、Blues という曲を 3 曲演奏しました。

73 分の緩い感じの演奏に、幸せを感じました。
First Set が終わった後、
肋骨にひびが入るというアクシデントが発生しましたが、
( 帰国後、病院に行って判明しました )
なんとか、Second Set までには、復活。

img093.jpg

1 時間 53 分の Second Set は、
よどみなく続く Jam に心の覚醒スイッチが入りました。
この Jam は今まで経験して来た中でも、
最高の部類の演奏だったと思います。
( Vegas だから、必ず Deal はやっちゃうのね(笑)、
以前は、よく土曜日のライブだったので、
必ず One More Saturday Night を聴かせれました )

そして、ラスト、Dylan の
It's All Over Now, Baby Blue に感涙。
( この日は、Just Like Tom Thumb Blues も演奏、
こちらも、じわじわきました )

大満足 3 時間の Show でした。
Furthur という Band の残り時間を、
大切にして演奏してくれているということが、
とても強く伝わって来ました。

インスタントライブ CD の音質も、
昨年と比較して格段に良質の音に大満足。
帰国後も、ヘビー・ローテションしています。

CIMG2288.JPGCIMG2287.JPG
↑ ライブ終了後、ホテルに戻る時に撮影した看板。

この日、初めて聴けた曲は 10 曲。
まだまだ生で聴けてない曲が沢山あるのです。
だから、この奇妙な旅に、終わりはないのかもしれません。

9点




Road To Las Vegas 2013 旅立ち [Music & Life]

CIMG2227.JPG
↑ マッカラン国際空港で発見した看板。

今年も Furthur の Show を観に
Las Vegas へ行って来ました。
今年は、同じ会場で 2 日間観られるので、
期待度も高まりました。
5 月 17 日、チケットを確保し、
その後、飛行機と Hotel を手配。
この時期でもう、飛行機は国内線
( LA > Vegas、その他の路線も)が、
混雑しており、格安チケットが入手出来ず、
昨年よりも少し割高になってしまった。


CIMG2236.JPGCIMG2290.JPG
↑ Rio の看板と、泊まった部屋から観た Pearl Hotel。

Hotel は Show が開催される Palms を確保したかったけど、
こちらも満室 ( 1 泊で何十万円もする部屋しか空いてなかった )だったので、
Palms に歩いて行ける Rio に宿泊することにしました。

CIMG2241.JPG

この Hotel に泊まったのは初めてでしたが、
部屋も広く、エレベーターの動きも機敏だし、
夜中もやっている BK が入っていたので、
毎晩ライブが終わってからの夜食は、
Wapper を食べられて幸せでした。

CIMG2230.JPG

今年も出発は、羽田空港からで、
零時半に出発の Delta は、小さい機体にもかかわらず、
ガラガラでフラストレーションなし。
機内では、これから日本で公開される
42 と Pain & Gain ( 未公開 ? )の 2 本の映画を鑑賞しました。

CIMG2239.JPGCIMG2243.JPG
↑ チケットを取りに行った時に撮った看板


Hotel には 23 時頃にはチェックインできました。
翌朝 10 時頃に、Box Office にチケットを取りに行くと
正午からオープンだったので、
( 昨年 Hard Rock Hotel は 10 時にオープン )
少しカジノをうろついていたら、
これを発見しました。

CIMG2255.JPGCIMG2257.JPG
↑ カードゲームをするテーブル。剥がしたら、このクロスが欲しいぞ !

Box Office のオープン時間近くになると
多くの Dead Heads が列を作っていました。

CIMG2262.JPGCIMG2263.JPG
↑ Box Officeにあった座席表とソールド・アウトの看板。

しかし、彼らは、自分でチケットを打ち出せるのだから、
Will Call は必要ないのにと思っていたら、
今年、Furthur は恒例の NYER は行わない、
来年 1 月のメキシコの Hard Rock Hotel での4 公演を
最後に Furthur の活動を休止するとコメントしたせいか、
この日のチケットが Sold Out になってしまっていたため、
もしやと思い並んでいたようで、
結局、チケットを受け取ったのは、私だけでした。

つづく。

総閲覧数 100 万件突破記念 [Music & Life]

Into The Tube 2 に移行してから、
4 年が経ち、お蔭さまで、
現在、総閲覧数が 1,079,672 となりました。
どこともリンクはしていませんが、
淡々とほぼ毎日ページを更新した結果と、
くだらないこのページを熱心に観て下さる方が、
意外に多くいるお陰だと思います。

100 万件を突破したのは、7 月上旬だったと思います。
その時に、ちょうどこのフレームを見つけたので、
100 万県突破記念として、これを製作してみました。

IMG_1842.JPG

Trey Anastasio のオートグラフ入り CD、
10/16/08 に Trey が使用した弦 (背面はその鑑定書)、
左下は、その演奏会場の写真を飾ってみました。

これからも、少しでも、皆さんが音楽を聴くきっかけ、
映画を観るきっかけ、本を読むきっかけ、
T - Shirt や Poster を集めるきっかけになるように、
ページを更新し続けられたらと思います。

Keep On Truckin'




20世紀ロックTシャツ大図鑑 [Music & Life]

IMG_1319.jpg

友人から、こんな本が発売されたよと
情報をもらい、早速、購入してみました。

T- Shirt の本は当たり、はずれが大きいので、
本来なら、中身を見てから購入したいのですが、
今回は、感覚的になんとなく良さげと思い購入。

IMG_1318.jpg

結果は、まあ当たりです。
1番の驚きは、著者が Grateful Dead の
T-Shirt だけで、4,000 枚持っているという事実。
次回は、Dead だけの大図鑑をお願いしたい。

私の蒐集などまだまだですね。
私は、古着は買わない主義なので、
これからも、急激には増えていかないと思いますが、
私は、私なりの蒐集ルールに則り、
見て着て、楽しいものを蒐集していきたい。

IMG_1320.jpg

ポスターと一緒で、T-Shirt も芸術だと思います。
皆さんも気に入ったTee があったら、
迷わず購入してください。

ちなみに、Phish、SCI、WSP 系
の Tee は掲載されていませんので、
この辺のアーティストを期待されている方は、
本屋さんで内容を吟味してから購入した方が良いと思います。

明日、またゆっくりこの本を眺めることにします。


番外編
まだ、紹介していなかった
Kimock Tee をご紹介します。

CIMG2197.JPG
これはレディースなので、プレゼント用に購入しました。


CIMG2198.JPGCIMG2199.JPG
Kimock の使用ギター Tee

CIMG2200.JPGCIMG2202.JPG
2012 Fall Tour Tee


Las Vegas 旅レポート総括 [Music & Life]

CIMG2011.JPG

今回で、4 度目の Las Vegasでしたが、
初めて Hard Rock Hotel に泊りました。

CIMG1972.JPGCIMG1949.JPG
↑ エレベーターなどホテル内は、Guns N' Roses の告知だらけ。右側はエレベータ内、内装もおしゃれです。


メイン通りまでは、歩くと15 分程度はかかりますが、
水回りを除いては快適でした。

CIMG1967.JPG

ホテル内には、様々なアーティストの品々が飾られていて、
それを観ているだけでも楽しい。

CIMG1934.JPG

私の部屋には、マービンゲイのポスターが飾られていました。
全室、違うポスターが飾られているのかはわかりませんが、
どんなポスターが飾られているのか興味があります。

泊まった部屋に、Bruce、Garcia とか Trey の
ポスターとかが飾ってあったら狂喜乱舞ですよ。

CIMG1944.JPG

また、各階のエレベーターを降りても、
ポスターが飾ってあり、私の階は Tom Petty でした。

ベットメイキングのチップを受け取らないと思っていたら、
チェックアウトの時にサービス料などで $40 ぐらい取られました。

CIMG1956.JPGCIMG1959.JPG

ショッビング、ノースとサウスに
大きなアウトレットモールがあり、
タクシーですぐでした。
( 両方とも $15 ドル前後 )

CIMG1975.JPGCIMG1990.JPG

その他、PH の中にもドでかいショッピングモールもあり、
昼間は、ショッピングやプールへ。
夜は毎晩、ショーに出かける。
治安も良いし、やっぱり過ごしやすい街だと思います。

CIMG1992.JPG
↑ このマーシンで $600 ほど儲けさせてもらいました。
椅子がボーディーソニックになっているし、
ボーナスステージになると、色々なマイケルが観られます。
ちょっとだけ、マイケルが好きになりました ( 笑 )。


CIMG2034.JPGCIMG2074.JPG
↑ 他のホテルでは、こんな豪華な 2 人の組み合わせのライブもあります。
これだって観たいよな、涎を垂らしながら写真だけ録りました。
レイナードのお店はどこにあるのか発見出来ずでした。


CIMG2058.JPG
↑ Vegas にもあります、Ben & Jerry。
夏に青山のBen & Jerry に行きましたが、こちらの味を食べると
やっぱり、日本は日本の味になっているんだなと思いました。
特に、Cherry Garcia は日本味の方が断然食べやすい。

また、今年、ハワイイレポートでご紹介しました、
Jimmy Buffett の Margaritaville もわかりやすい
メイン通りにありました。


CIMG2024.JPG
↑ ホテルの目の前にこのような建物ありました。


10 月初旬なので、洋服は夏仕様で問題ありませんが、
ホテル内、ショーの会場やレストランは、
アメリカ人仕様で冷房がギンギンに効いてますのでご注意を。

CIMG2008.JPGCIMG2009.JPG


CIMG2006.JPGCIMG2007.JPG
↑ The Joint 会場前に飾られていた T -Shirt です。
また会場内の 2 階のロビーには、
これまでに同会場で公演をしたアーティスト達の
写真が沢山が飾られていました。


CIMG2106.JPG
↑ ホテルの部屋に置いてあった冊子です。記念にお持ち帰りしました。


結論 :
やっぱり、 Las Vegas は楽しい。
しかも行動しやすいので、
日本からの直行便を再開してくれたら、
もっと頻繁に行こうと思ってしまいます。

Stage Pass [Music & Life]


知人に教えてもらった iPhone のアプリに
Stage Pass というフリーソフトがあります。

このアプリは有名なシアター、アンフィシアター、
例えば Warfield、 Red Rocks、Brooklin Bowl
などの会場で音楽を聴く時と同じ音質で 、
iPhone に入っている曲が聴けますというアプリです。

実際にこのアプリでスタジオアルバムを聴くと、
観客の歓声などは聴こえてこないけど、
その会場での臨場感溢れる音を楽しむことができます。
今のところお気に入りの会場はやはり Warfield かな。

これからもっと有名な会場を増えしてもらいたいこと。
この機能を iPod でも使えるようにしてもらいたいこと。
設定した会場での音質で CDR を焼けるようにしてもらいたいこと。

これが揃ったら、私にとっては 100 点満点のアプリになります。

無料ですので試す価値はありだと思います。
前の10件 | - Music & Life ブログトップ
メッセージを送る